« 大神幸祭 | トップページ | 銚子青年会議所 公開例会に出席  »

大神幸祭 銚港神社に参加

今日も、黄金名は大神幸祭に参加した。

002 黄金名が着いた時は、すでに神輿が3台も置かれていて、担がれるのを待っている。

雨にもかかわらず、多くの担ぎ手が雨カッパを着込んで準備万端だ。

それにしても、寒い。

このような悪天候にもかかわらず、かくも多くの参加者がいることは、日本文化の継承という視点からも、素晴らしい。

003 こちらは、神社内の式典。

神輿を送り出す、神事を行っている。

数人の宮司が、祝詞をあげ、要所要所で、われわれもこうべを垂れて、敬意を表する。

実は黄金名は、古式にのっとった儀式が大好き。

気持ちが清々しくなることを実感する。

 この後、神輿を送り出した。

このような行事に参加すると、古来からの儀式の素晴らしさを、改めて認識する。

なるほど、効率から考えると、担ぎ手が揃った時点で、神輿を送り出せばいいではないか。

それを、雨の中、30分以上も儀式をする意味はなんだろう?

それは、神輿にやどる神聖さにたいする表現ではないか。

例えば、表彰状なども、それ自体は単なる紙切れに過ぎない。しかし、そこに権威ある人の名と印があり、大勢の前で自分の名前を呼ばれることにより、晴れがましさを感じるのではないか。

すると、私たちの日常生活にもこういう儀式的なことは、必要ではないだろうか。

お正月、お盆などはそういう意味で重要だ。

そして、黄金名が大切に思うことは、個人の誕生日だ。確かに忙しい現代社会で、誕生日その日にお祝いをすることは難しいこともあるだろう。それであれば、都合のつく日を選べばいいだけだ。

ただ御馳走とケーキを用意するだけではなく、始まる前に簡単なスピーチをお父さんがして、子供がお礼を言う。

これだけで、充分だ。そして、ケーキのロウソクを点ける時は、あらゆる照明を消して、吹き消した時、真っ暗になるような演出も効果的だ。

子供には、そして、大人にも幸せな時間となること請け負うよ。

各自が、それぞれの家庭の幸せを大切に抱きしめれば、社会全体も良くなって行くだろう。

大神幸祭、銚港神社の儀式に参加して、良かった。

じゃ、また明日

 

|

« 大神幸祭 | トップページ | 銚子青年会議所 公開例会に出席  »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大神幸祭 銚港神社に参加:

« 大神幸祭 | トップページ | 銚子青年会議所 公開例会に出席  »