« イレーヌがウチに来た   | トップページ | 行政の人たち 2 »

犬吠崎京成ホテル ウォーク

001 今日は、犬吠崎京成ホテル ウォークに参加。

集合場所は銚子電鉄の犬吠駅。約50名が参加。千葉市からバスで参加された方が、半数。銚子の方はほんの数人だった。

002 この方は千葉県ウォーキング会会長。

挨拶の中で、銚子は房総地区で最大の都市であったが、最近は人口も減っている。しかし、漁港、海、自然などの魅力は不変なので、今日は銚子の自然を味わって欲しい、

とのことだった。

003_3 ウォーキングを始める前に柔軟体操。

この準備運動は確かに効果があった。

黄金名もポスティングをする前には、簡単な運動をすることにしよう。

インストラクターの方の指示が適切で分かりやすい。

なごやかな雰囲気だった。

004_3   

この写真は満願時。

銚子市民なら誰でも知っている、有名なお寺。

ところが黄金名はその脇にこんな小径があるとは知らなかった。

005 歩くにつれて、こんな可愛い花が群生していることに気付いた。

やはり、クルマで移動することは、便利ではあるが、失うものもあるようだ。

歩きつつ、風に吹かれ、花を見ていると、自然に気持ちがなごやむ。

ほぼ全員、初めてお会いする方だが、会話が弾む。

楽しいな。

競うことなく、ゆっくりと歩き続ける。

008 展望館からくだって、屏風ヶ浦へ。

マリーナとして整備されているので、美しく、気持ちがいい。

ある少女のグループがいて、駆けっこなどをして、笑っていた。

カメラをとり出した時は、終ってしまい、残念。

ここで一休みと黄金名はトイレへ。

ところが、この始末。

黄金名の前の方の分が流れず、溜まっている。

しかも、便器自体が黄ばんでいるし、下の方は黒ずんで不潔だ。

当たり前のことは、キチンとしないと。

黄金名は塾経営をしているが、部屋は散らかっていても、トイレはキレイにしてるよ。

009_2 曇り空だったが、銚子の海は素晴らしい。

波の動きが独特で、大自然の力を感じる。

引き潮だったので、岩が露出していたが、海苔がこびりついていて、不思議な魅力を創りだしている。

歩くって楽しいね。

012 これは犬吠崎付近の防護柵だ。

ご覧のとおり、錆だらけ。

海岸に設置してあるから、理解はできるけど、毎年、塗装工事の予算などは取れないのだろうか?

自然が見事なだけに、残念だ。

010 

参加した人たちは千葉市の美浜区の住人が多かった。

外川から犬吠にでて、海岸線を目の当たりにすると、

「素晴らしい」「信じられない」

と絶賛の声があちこちであがった。

013 最後に、犬吠から海鹿島に向かう途中、道端で海ネコの死骸に出会った。

生と死

変えられない定めとはいえ、その厳粛さにしばらくぼうぜんとしていた。

生。いつか自分から去っていく、この宝物を抱きしめよう。

じゃ、また明日。

|

« イレーヌがウチに来た   | トップページ | 行政の人たち 2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 犬吠崎京成ホテル ウォーク:

« イレーヌがウチに来た   | トップページ | 行政の人たち 2 »