« 御礼 アクセス5000件突破 | トップページ | 新党「たちあがれ日本」について »

野平市長の言動の信頼性は?

今日黄金名は、銚子市議会総務委員会を傍聴した。

4議案が検討され、全議案とも全員の賛成で可決された。

注目の議案は、銚子市立病院再生に関し、銚子市立病院再生機構を指定管理者に認め、2億円を上限にその運営資金を認めるというもの。

なるほど、大義名分は強いと実感した。

その2億円に関し、根拠や明細が全く市側から示されないにもかかわらず、「銚子市立病院再生」という錦の御旗には、反対するすべもないようだ。

ところで、「野平市長の気になるスピーチ」で紹介したが、3月28日の石柱・石像除幕式で市長は、マークタワーというマンションの空き部屋7室を全部、市で買い上げると演説した。

これに関し、地元新聞が報道したところ、

「私は借り上げると言った。買い上げるとはいってない」と話してるという噂を聞いた。

ところが、今日の委員会である議員が、そのことを質問したところ、

「私は借り上げるといった」

と、断言して、黄金名は呆れた。

黄金名はあの除幕式のあと、そこに出席していた数人に、この件で話し合っているが、その全員が「買い上げる」と聞いている。

これだけ、多くの市民がそう記憶している以上、それは正しいだろう。

すると、今日の委員会での市長の発言は、何を意味しているのだろうか?

黄金名には理解不能な野平市長の言動だ。

じゃ、また明日。

|

« 御礼 アクセス5000件突破 | トップページ | 新党「たちあがれ日本」について »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 野平市長の言動の信頼性は?:

« 御礼 アクセス5000件突破 | トップページ | 新党「たちあがれ日本」について »