« 大神幸祭 銚港神社に参加 | トップページ | 商人にとっての町造りとは  »

銚子青年会議所 公開例会に出席 

黄金名は銚子青年会議所(JC)のOBです。

今日は、その公開例会に出席してきました。

Jc_001今日の例会は

「プロから学ぶ!ぜひ訪れてみたいまち銚子の作り方」

というタイトルで、井門隆夫様(いかどたかお)が講師。

まずはJC理事長宮本聡が挨拶。

本日は公開例会なので、出席されている皆様から、会員の紹介をいただきたい。

そして、銚子は魅力ある町なので、その発信力を強化する方法を学びたいとのこと。

なかなか好ましい挨拶だった。

Jc_002  つづいて、本日の講師、井門隆夫様の講演。

黄金名が共感したことは、観光客は地元の市民が通う店に入りたい。

それを発信する力を身につけたい。

それには、カネに頼る体質、つまり補助金などをあてにするのではなく、人を育てることが大切。

あらゆる経済指標がさがる中で、唯一増えてる指標がある。

それは、「日常の悩み」

つまり、この悩みを癒すことができれば、観光客はやってくる。

銚子ぐらい何でも揃っている町は珍しい。

あとは、人のまとまりをいかに形成していくかだ。

以上が先生の講演内容の、超要約だ。

その他に、井門先生は学生が経営する旅館、旅館を経営しながらオーディオ機器を製造販売をしてる社長などの紹介があった。

黄金名は継続性という視点から疑問を持つことはやむをえないが、ユニークな着想であることは間違いない。

それにしても、

「地元の人が通う店が、観光客が行きたい店」は、真実だね。

これをどう発信するか。

取り組む課題は多い。

じゃ、また明日。

|

« 大神幸祭 銚港神社に参加 | トップページ | 商人にとっての町造りとは  »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 銚子青年会議所 公開例会に出席 :

« 大神幸祭 銚港神社に参加 | トップページ | 商人にとっての町造りとは  »