« 普天間基地問題、大詰め | トップページ | 英国の連立政権 »

民主党のマニフェスト

なるほど、政治には透明性が必要だ。

なぜなら、政治とは税金の使い方を意味しているからだ。

国民から集めた税金を、どのように使うかを国民に明示することは、政府の義務であろう。

そうすると、選挙の公約、マニフェストの重要性が理解できる。

そして、民主党の目指す政治が、いかに前政権と異なっているか、良く分かる。

例えば、普天間問題も、マニフェストでの約束と、現実が違う結論になりそうなので、鳩山総理も陳謝している。

高速道路無料化なども、たしかにマニフェスト通りにはいかなかった。

子育て支援も、2011年度が、2万6千円を満額支給できるかどうか、微妙な状勢だ。

しかし、これらすべては、選挙時の約束と、現実の結果の開きを、国民が明確に理解できる状況を民主党が創りだしていることに、他ならない。

従来の政権下における、選挙後と現在を比べれば、その差は瞭然ではないだろうか?

政権交代をへて、たしかに日本の政治は動き出していると、黄金名は感じる。

じゃ、また明日。

|

« 普天間基地問題、大詰め | トップページ | 英国の連立政権 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 民主党のマニフェスト:

« 普天間基地問題、大詰め | トップページ | 英国の連立政権 »