« 世界的な変化の潮流はどこへ | トップページ | 千勝神社 例大祭 »

谷田川はじめ国政報告会

001_2 昨日は、谷田川はじめ国政会が、銚子市青少年文化会館で開催され、黄金名も受付などをさせていただいた。

受付をしていると、顔なじみの方や、黄金名はあまり存じ上げない方から、激励をいただけるなど、嬉しいことが多い。

 002_2                       

講演会が始まる前に、地元の渡部恒三議員ファンのかたと、渡部先生を囲んで、記念写真。

黄金名がお願いしたら、快く引き受けてくださり、嬉しくおもった。

やはり、政治家は市民との触れ合いが大切と、改めてかんじた。

004 つづいて、黄金名とのツーショット。

先生は、黄金名の名前を、

「かまくらきん、いい名前だね。がんばって」

と誉めてくれた。

名前は、鳩山幹事長(当時)にも誉められたことがある。

先生の手は、柔らかく、暖かった。

005 ここからは、ステージの写真。

遠い上に、フラッシュを使わない撮影なので、手振れはかんべんしてね。

まず、趣旨説明を山口忠兵衛さんがした。

谷田川さんの当選は浪人時代の、積み重ねによるものとのことだった。

演説は歯切れ良く、聞きやすかった。

006 さて、おまちかねの渡部議員が登場。

やはり、年季がはいった演説は、聞く人を唸らせる。

単なる、演説の上手さではない、深みがある。

内容は、子育て支援の大切さと、出生率の低下の深刻さ。

そのために、安心できる社会を作っていきたい。

それによって、650兆円といわれる、高齢者の預金の10%でも使われると、景気が刺激される。

その状況を作るため、今後も努力する。

また、民主党にたいするご批判は、素直に受け止め、今後の糧にしていきたいとの事。

007 ここで、谷田川議員の登場。

今回の演説は、黄金名が聞いた中のベストと思った。

銚子市立病院の2次救急体制実現のため、野平市長との連携、国、県との協力体制を、しっかりと構築していく決意と、明確に宣言。

その他にも、成田空港の将来像にむけた、具体的な活動状況、10区の出生率の深刻な状況とそれに対するせいさくなど、今まで以上に、熱の入った語り口だった。

やはり、国会議員になると違うと思った。

ただ、これは民主党の国会議員全般にいえること。

民主党の議員は、普段の駅立ち、チラシ配り、街頭演説の重要性を心得ている人が多い。

008

最後に登場したのは、民主党公認参議院議員予定候補者、道あゆみさん。

はきはきとした、明快な演説は本日の白眉だったと思う。

道さんは、政治はあくまで弱者救済のためにあるとの信念を持っている。

黄金名も深く賛成したい。

とに角、この迫力ある演説と立ち振る舞いは、天下一品だ。

じゃ、また明日。

|

« 世界的な変化の潮流はどこへ | トップページ | 千勝神社 例大祭 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 谷田川はじめ国政報告会:

« 世界的な変化の潮流はどこへ | トップページ | 千勝神社 例大祭 »