« パロマ工業のガス湯沸かし器、死亡事故 | トップページ | 世界的な変化の潮流はどこへ »

日本創新党

また、新党だ。

今度は自治体の首長が中心となった新党のようである。

銚子市民は全員、同様であろうが、この新党の候補者の一人が、前市長岡野俊明氏が入ってることが問題だ。

この党の中心は中田宏前横浜市長だが、血迷ったのかと、黄金名は主張したい。

なぜなら、岡野氏は前市長とはいえ、リコールで失職した人物ではないか。

しかも、その理由が銚子市立病院休止問題であることは、周知の事実である。

そのような人物を擁立することは、すなわち、この新党は、弱者切捨て、福祉軽視の体質を持つ党であることを、社会に発表していることに、他ならない。

そのような、事実関係すら、中田氏をはじめとする新党の幹部は、ご存じないのだろうか?

そうだとしたら、この新党だけは、存続してもらっては困る。

岡野前市長の最大の失政は、市立病院の存続を求める48,000名の署名運動を無視したことだ。

民意を無視する指導者。

民主主義ではあってはならない、事態である。

じゃ、また明日

|

« パロマ工業のガス湯沸かし器、死亡事故 | トップページ | 世界的な変化の潮流はどこへ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本創新党:

« パロマ工業のガス湯沸かし器、死亡事故 | トップページ | 世界的な変化の潮流はどこへ »