« 銚子市議会 6月16日 | トップページ | 銚子市議会 社会福祉事業団 »

銚子市議会 6月18日 銚子市長の発言について

越川 信一 議員(以下越川)

3月28日に行われた、銚子賞の石柱などの除幕式で、市長は新生のマンションの7室を市で買い上げると発言した。

この事は、出席されたK議員もそう聞いてるし、来賓や一般市民なども異口同音に買い上げると市長が発言したと受け止めている。

また、録画、録音などをチェックしても、市長は明瞭な発音で、買い上げると発言している。

これほど、明確な材料があるのに、市長は買い上げるではなく「借り上げる」といったと弁解してる。

これはどういう理由なのか、真意を理解しかねる。

野平市長(以下市長)

そのような言葉尻をとらえて、議会で質問する議員の見識こそおかしいのではないか?

りといがたまたま曖昧に発音されただけで、私は「借り上げる」と申し上げている。

この事は、以前にも議会で質問され、同様にお答えしている。

何度も蒸し返すほどの問題か、理解に苦しむ。

越川       周囲の状況から判断して、あまりにも多くの方が「買い上げる」と、聞いている。

自らの誤りを認める度量が、リーダーには求められるのではないか?

黄金名      実は黄金名もその場に出席して、市長の祝辞を聞いた一人だ。

市長はまさに明瞭に「買い上げる」と発音した。

そのことを問題視した黄金名は、その帰り、何人かと意見交換したが、全員が「買い上げる」と、聞いている。

仮に、市長の弁解を受けいれたとしても、今度はこのような重大な言葉の違いを、正確に発音できない人物がその職に相応しいかという疑問がわくのは、黄金名だけではないだろう。

なるほど、選挙は平等であるので、多少言語障害の傾向がある人物が市長に当選することも、あると思う。

しかし、現市長は弁舌が長けていると、大方の市民は考えているし、その演説能力で公開討論会で評価をあげ、2009年に復活当選したのではないか?

その人物が、そこの出席者が「買い上げる」と聞いたと理解したら、

「私の発音の曖昧さで、多くの市民に無用の誤解をあたえたことは、反省しているし、これからは気をつけるよう心がけます。申し訳ありませんでした」

と、謝罪すべきだろう。

じゃ、また明日

|

« 銚子市議会 6月16日 | トップページ | 銚子市議会 社会福祉事業団 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 銚子市議会 6月18日 銚子市長の発言について:

« 銚子市議会 6月16日 | トップページ | 銚子市議会 社会福祉事業団 »