« ポスター貼り | トップページ | 長妻厚生労働大臣 Ⅱ »

長妻厚生労働大臣

001 参議院選挙がはじまり、25日には長妻厚生労働大臣が成田駅に、広中和歌子候補、道あゆみ候補の応援に来てくれた。

演説のトップ・バッターは谷田川衆議院議員。

広中候補の経歴、道候補の清新さをアピールしていたが、他の弁士も、共通した内容なので黄金名とのエピソードを紹介したい。

谷田川議員は、黄金名が2007年の県議選に立候補することに関し、相談した時、その事には反対だったが、話が終わり、辞去しようとした時、「折角、佐原まで来たのだから、もう少し、ゆっくりしてくださいよ」と言ってくれた。これは嬉しい。帰ることを話して、そうですかとあっさり言われると、なんだか、帰るのを待っていたみたいで、変な感じがする。さすがはアメリカ仕込と感心した。

002 こちらは、13区からおいでになった、若井康彦衆議院議員。2003年に初当選、05年では落選したが、09年に見事再当選。

若井議員とは07年の参議院議員選挙で共に、加賀谷健候補(当時・当選)の応援をした。

若井議員と共に街宣車に乗って、ランチタイムになり、長崎ちゃんぽんの店に入った。

そこでのお勘定は割り勘。なるほど、民主党はクリーンな政党だと、実感。

若井議員は都市政策の専門家、いつか、銚子の街造りの教えを請いたいものだ。

003_2 続いて、長浜博行厚生労働副大臣、長浜副大臣は黄金名が県議選に立候補した時の、県連代表。

黄金名が落選後に面会を申し出たところ、快く会ってくださり、

「自分も一度落選して、次の選挙まで入念な選挙区廻りをしたことが、今日の地盤になっている、鎌倉さんも、あきらめることは簡単だが、ぜひ、継続して努力してもらいたい」

と助言してくれた。

その時の、暖かい眼差しは忘れられない。

参議院選挙では加賀谷候補と共に当選し、両者で万歳をしたことが、想い出だ。

じゃ、次回は長妻大臣、広中、道両候補。

 

|

« ポスター貼り | トップページ | 長妻厚生労働大臣 Ⅱ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長妻厚生労働大臣:

« ポスター貼り | トップページ | 長妻厚生労働大臣 Ⅱ »