« 民主党と自民党の違いとは | トップページ | 菅直人内閣総理大臣誕生 Ⅱ »

菅直人内閣総理大臣誕生

Mtk934 

菅直人総理大臣が誕生した。黄金名が民主党と縁ができた時の代表は菅さんだった。

1996年に民主党が結成されていらい、黄金名は菅さんを支持していた。

2003年の総選挙、黄金名は千葉市に住んでいたが、その時の民主党候補者は新人の田嶋要さんだった。

その菅代表が田嶋候補の応援に千葉駅にくると聞いて、黄金名は駆けつけた。

当時、カラーシャツが流行で、菅代表は濃い目の茶色のシャツを着ていた。

菅代表はもちろん、田嶋候補の演説は素晴らしかった。

「私は公募で選ばれた候補者です」

という、田嶋候補の言葉が新鮮に響いた。なぜなら、国会議員は①世襲②秘書③地方議員④官僚でその大部分が占められていると思っていたから。

その選挙で民主党は躍進し、田嶋候補も国会議員となった。

明けて、2004年のテレビ番組で、菅代表が

「公募を再開します」

と発言され、黄金名はためらうことなく、応募し合格できた。

そのいきさつがあって、菅代表には、親しみを感じる。

じゃ、続きは明日。

|

« 民主党と自民党の違いとは | トップページ | 菅直人内閣総理大臣誕生 Ⅱ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 菅直人内閣総理大臣誕生:

« 民主党と自民党の違いとは | トップページ | 菅直人内閣総理大臣誕生 Ⅱ »