« 銚子市議会 社会福祉事業団 | トップページ | ロッテVSオリックスを観戦 »

文化財審議委員の解任と新給食センターの建設

宮内和宏市議会議員(以下宮内)

この度、30年の長きにわたり、文化財審議委員を務めてきた、5名の委員の皆様を75歳以上という理由で突如解任したそうだが、その理由と、もう少し智恵のある対処ができなかったのか?

たとえば、新委員と従来委員でしばらくの間、共同で委員会を運営するような方法をとれなかったのか、伺いたい。

野平市長(以下市長)

国の方針が、公職は10年で順次交代することにいなっている。

必ずしもそれを守る必要はないが、当市の場合、それをはるかに超える年月を務めていただいているので、この度、交代していただくことになった。

それに関し不満がある方は、謝罪するので伝えてほしい。

黄金名の私見

市長の発言に、疑問を感じるのは黄金名だけではないだろう。

オレは不満があるから、市長に謝りに来いという人物が、その委員にいるだろうか?

なるほど、企業などの定年制の場合、本人も周囲もそれを容認しているので、問題ないだろう。

しかし、今回は、唐突に出た話ではないか。

その場合は、来年の年度替りまでとかといった移行期間を設け、その上で、永年の功労に報いて、送別会程度は企画してもいいのではないか?

加瀬庫蔵市議会議員

給食センターを建替えるようだが、その概略予算は5,690百万円と聞いている。これをPFIで賄うようであるが、借金であることに代わりはない。銚子市の将来を考えると不安になるがどうだろうか?

市長

PFIは将来起こりうる、修繕費などを含めた金額となっている。割高に思えるお考えは理解できるが、長期的に見ると有利だと判断している。

黄金名の私見

市立病院休止のとき、岡野市長は、

「銚子市の財政は厳しく、このままでは第2の夕張となる」

と、発言していた。

野平氏が市長になって、財政事情は好転したのだろうか?

じゃ、また明日

|

« 銚子市議会 社会福祉事業団 | トップページ | ロッテVSオリックスを観戦 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 文化財審議委員の解任と新給食センターの建設:

« 銚子市議会 社会福祉事業団 | トップページ | ロッテVSオリックスを観戦 »