« ハーバード大学 コーラス部 イン 銚子 | トップページ | なぜ、市議を目指すか? »

高性能な政治家

数人の支持者と話をしていたら、その一人が

「当選しても、活動や働きが期待はずれだったら、2回目は入れないよ」

と、発言した。

その瞬間、黄金名は実感した、これが民主主義の理想だと・・・。

もし、ある議員の支持者が血縁、地縁などの理由で投票するなら、その議員は、ある一定数の血縁支持者を確保すれば、永久に安泰だろう。

つまり、政策を立案し、街の将来像を確かなものとするより、安定支持者をバス旅行や、音楽会などに連れて行くほうが、票を読めるからね。

しかし、それでは政治家は育たないし、いい政治もできない。

黄金名が民主党を背景に、銚子で政治活動を始めた意義をあらためて認識できた。

つまり、血縁、地縁抜きの支持者が黄金名には多いのだ。

しかし、当選したらその期待以上の成果をあげなければならない。

フーム、大変ではあるが、やり甲斐を感じる。

じゃ、また次回

|

« ハーバード大学 コーラス部 イン 銚子 | トップページ | なぜ、市議を目指すか? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高性能な政治家:

« ハーバード大学 コーラス部 イン 銚子 | トップページ | なぜ、市議を目指すか? »