« 無念 道あゆみさん | トップページ | 民主党の敗因は »

残念 広中和歌子 先生

001  広中先生が落選した。

本当に残念だし、無念な気持ちで一杯だ。

広中先生には無数の美点があるが、特に4点について、話してみたい。

①知的レベルが抜群に高い

002 ②利権などとは無縁の存在。

③誰とでも、公平な態度で接する。

④健啖家にして、健康そのもの。

知的レベルに関しいては「ジャパン・アズ・ナンバー・ワン」を翻訳していることで証明されよう。

③に関して、黄金名が民主党の公募に合格したころ、県内の国会議員に手紙を差し上げたりして、自分の知名度をたかめようとしていたが、最初に返事をくれたのが、広中先生だった。

003_2④は、銚子にいらっしゃると、

「岩ガキがたべたい」

などと、おっしゃり案内するほうとしては、嬉しい限り。

食べながら、

「美味しい!」

を連発する。

流石は在米20年はだてではない。

国会議員だから、価値がある人もいるが、バッジがあろうが、なかろうが、

「先生」

と呼ばざるをえない人がいる。

広中和歌子先生こそ、その最右翼だ。

しかし、黄金名は先生と接する機会に恵まれているが、普通の有権者はそうではない。

やはり、議員活動をするには、パブリシティを高めることが大事だし、難しいことが良く分かった。

広中和歌子先生、これまでのご厚情、ありがとうございました。

じゃ、また明日

|

« 無念 道あゆみさん | トップページ | 民主党の敗因は »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 残念 広中和歌子 先生:

« 無念 道あゆみさん | トップページ | 民主党の敗因は »