« 民主党の敗因は | トップページ | 007は2度死ぬ »

銚子市 市民報告会

今日は、黄金名が暮らしている銚子市の話題。

このところ、国政と参議院議員選挙について語ってきたので、脳の回路を切り替える必要がある。

銚子市では野平市長の発案で、議会の終了後、その報告というかたちで、集会がおこなわれているが、いいことだと思う。

本日は3つの報告があった。

1.銚子市立病院の現状と、これから

5月6日に再開した、市立病院だが、1日あたりの来患者数は、5月10人、6月13人、7月20人と順調にのびてる。

しかし、絶対数としては、まだ足りないので、努力していきたいとのこと。

市長によると、従来の市立病院の患者が、かかりつけの病院を決めているので、戻ってこないことが主な理由のようだ。

フムフム、それはそうだろう。

そして、本日の市長の発言は微妙な変化があったように感じたのは、黄金名だけだろうか?

つまり、市民の市立病院に対する要望が、それほどでもないなら、将来的には計画のなんらかの変更が必要になるだろう、

というものだ。

その時は、市民との対話をしながら、進めていきたいとの事だった。

2.養護老人特別ホーム、外川園の新築

現在、外川町にある外川園を、小畑新町に新築、移転するというもの。

これは、現在の施設の老朽化にともなうもので、議会でも1名の反対をのぞき、ほぼ満場一致だったとのこと。

3.学校給食センターの統合整備

現在、2ヵ所にわかれている、給食センターを1ヵ所に新築・統合しようという計画。

これにともなう、新たな土地購入のことで、議会では賛否がわかれた様子。

1回目は、市側の議案が否決され、再議で賛成・反対が同数となり、議長裁定で市側の案が可決されたとのこと。

ちなみに、新規土地購入費は約1億円。

黄金名が議場にいたら、賛成していたと思う。

質問コーナーで印象に残ったのは、

なぜ、副市長を置かないのか?

という質問にたいし、

それほどの必要性を感じないことと、副市長人事は最終的に議会の承認事項なので、もし否決された場合、候補のかたに迷惑をかけることになるから、

という市長の答弁だった。

黄金名の意見は、

否決されないような人物を選ぶべきじゃないのかな、

ということです。

じゃ、また次回

|

« 民主党の敗因は | トップページ | 007は2度死ぬ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 銚子市 市民報告会:

« 民主党の敗因は | トップページ | 007は2度死ぬ »