« 政治は誰がやっても同じだろうか? | トップページ | 小西候補 当選! »

朗読奉仕グループ ひまわり

001  黄金名は、視覚障害者のための朗読奉仕グループ「ひまわり」に参加している。

ひまわりは、目の不自由な方のために、

①ご希望のある書籍などを録音。

②対面形式で、ご希望の週刊誌、雑誌などをその場で、読んでさし上げる

③コンサートのように、ある程度の規模の会場で、ライブ朗読。

などを行っている。

上の写真は、本日の会場の全景で、黄金名が当番だった。

002  黄金名の出番がきて、自己紹介と書籍の紹介。

黄金名は司馬遼太郎の「竜馬がゆく」を朗読。

と、いってもこの作品は、文庫版で全8巻だ、とても、1時間の朗読では読みきれないので、最も好きな場面を選んだ。

その場面は、大政奉還直前に竜馬が土佐藩に立ち寄った時のこと。

文久2年に脱藩して、5年ぶりに土佐へ帰り、生家に帰ったエピソードが素晴らしい。

 黄金名も様々な体験を積んできているが、やはり、家族の団欒にまさる楽しみはないとおもう。

005_3  ゴッド・ファーザーの主人公、マイケル・コルネオーネも、「子供は最高の宝だ。どんな富も、名声も、子供にはおよばない」

と、言っている。

竜馬はその家族と別れ、脱藩した。

もはや、終生、再会することはあるまいとあきらめていたと思う。

これが、9月下旬。10月15日が大政奉還、そして11月15日に竜馬は天へ帰るが、その直前に、家族に会えて、良かった。

最後に、演説には慣れている黄金名も、朗読には困った。

というのは、本を読んでいるので、観客に視線を合わせられない。したがって、皆さんの反応がわからなく、読んでいるうちに、度々不安になった。

じゃ、また次回

|

« 政治は誰がやっても同じだろうか? | トップページ | 小西候補 当選! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
『朗読奉仕グループ「ひまわり」』での活動に興味があって検索したらこちらのホームページにたどりつきました。
私も是非やってみたいのですが、活動場所はどちらでしょうか?市役所の近くでしょうか?

投稿: ヘレン | 2011年9月13日 (火) 15時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朗読奉仕グループ ひまわり:

« 政治は誰がやっても同じだろうか? | トップページ | 小西候補 当選! »