« 好不調の不思議 | トップページ | ビンビールは美味しい »

菅総理の国会発言

「消費税を増税する場合、その仕組みを発表した上で、衆議院を解散し、国民の意思を確かめたい」

と、菅総理が発言したようだ。

この事は、日本の民主主義が進歩していることを黄金名に教えてくれた。

自民党対社会党の時代には、公正な議論などは望むべくもなかった。

すでに自民党の過半数が確定しているわけだから、議論自体の重要性が低かったわけだ。

民主党が野党時代から、政策についての論議がたかまり、年金制度の不備が明らかになって、議論は白熱化してきた。

その延長線上に、政権交代が実現して、今度は野党になった自民党が、民主党の公約と現実の政策にかんして、追求するようになった。

そもそも自民党は総選挙のときに、なにか具体的な公約などしたことがあっただろうか?

そうそう、あった、「郵政民営化」

民主党が公約を明確にして、政権についたことにより、議論が盛んになったことは、歓迎すべきだろう。

そして、菅総理の冒頭の発言は、日本の政治が確実に変化し、成長していることを黄金名に認識させてくれた。

じゃ、また次回

|

« 好不調の不思議 | トップページ | ビンビールは美味しい »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 菅総理の国会発言:

« 好不調の不思議 | トップページ | ビンビールは美味しい »