« 給食センター | トップページ | 2010,9,22銚子市議会 閉会 »

最悪の007映画とは?

1979年製作の「ムーンレイカー」が最悪。

まず、舞台が宇宙である設定自体が良くない。

なぜなら、ボンド映画はいかにはめをはずしても、現実的でなければならない掟があるので、宇宙船同士の戦闘場面などは描けないわけだ。それにもかかわらず、無理に宇宙での人間同士が戦うシーンを作ったりしているが、ゆっくりとした動きは、まったく退屈だ。

007シリーズの魅力は悪役の魅力でもある。

ところが、この作品の悪役「ヒューゴ・ドラックス」は強そうではないし、頭がよさそうでもなく、服のセンスや動きなども、田舎のおっさん的なのだ。

さらに、前作に続いて「ジョーズ」を登場させたのも誤り。

どんなに人気がでても、登場した作品で、ボンドにやっつけられるのが、彼らの役割なので、生き延びて次回作に再登場は、興味を削ぐ。

だが、この作品にも救いはある。

それは、ボンド・ガールの質の高さだ。

ドクター・グッドヘッドとコリン・ドフォアーの二人だが、グッドヘッドの洗練されたファッションと振る舞い。そしてコリンの清純なたたずまいは、何度みても飽きない。

そして、Mとミス・マネペニーも素晴らしい。

特にこの作品はMの役割が通常より多めなので、バーナード・リーのMを十分に楽しめる。

黄金名の記憶だと、リーのMは今作品が最後だ。

リーのMは確かにボンドの上司という威厳があった。

特に、「ゴールドフィンガー」でボンドを叱る場面があるが、あのショーン・コネリー・ボンドが中学生のように首をうなだれていたシーンは忘れられない。

話はムーンレイカーに戻るが、監督はルイス・ギルバード。

この人は、007最悪監督だ。「2度死ぬ」「私を愛したスパイ」「ムーンレイカー」と3作品も撮っているが、いずれも宇宙船、潜水艦などの大型船が主役で、それを奪って何らかの犯罪に悪役が使おうとするもの。

ギルバードは、おふざけがひどすぎる。

ジョーズが飛行機から落ちて、サーカスのテントに落ちるシーンがあるが、あれで、死なない人間がいるはずがない。

007はこういうことをしてはいけない。

ところが、さすがは007、次回作から、また真剣味あふれる作品になっていくのだ。

James Bond will return.

|

« 給食センター | トップページ | 2010,9,22銚子市議会 閉会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最悪の007映画とは?:

« 給食センター | トップページ | 2010,9,22銚子市議会 閉会 »