« 市議会議員定数削減は保留 | トップページ | 市議会を傍聴して »

2010.9.16 市政報告会に参加

市議会終了後、市長主催による「市政報告会」が行われる。

これまでは、議会日程が全て終了してから開催されるのだが、今回は、まだ日程が残っている。

おかしいな・・・

と、思いながら足を運んでみると、銚子市の財政状況などについての、講義だった。

その中で、気になったのは、職員数の削減について市長が語っていたときだ。

ある年度で大量の削減が行われているのだが、それは市立病院を休止したときだ。

そのことに言及しているとき、野平市長の表情はそれを喜んでいるかのように思えた。

もっとも、それは黄金名がそう思ったというだけで、本当のことはわからないけど。

さて、市長の講義がおわり、質問の時間となった。

黄金名は3番目に挙手して、給食センターの件を、3点しつもんした。

●建設費が高すぎるのではないか?

回答 PFIなので、建設費だけではなく、その後の運営費も含んでいるので決して割高ではない。

黄金名の感想  60億円のうち、15億円が建設費。運営費は45億だ。

           これを20億にできないのだろうか?

●現在2箇所の給食センターを一箇所に統合するわけなので、経常経費は当然削減されるはずだが、その金額を教えてもらいたい。

回答 経費節減を目的にしているわけではないので、それは把握していない。

黄金名の感想  行政と民間の会社経営の発想の違いには驚くほかない。

●現在、米飯にかんしては市内業者に発注がされているようだが、新センターでは、それ

を打ち切り、PFIで選定された業者に任せるようだが、市内の業者を優先することが、当たり前ではないか?

回答 市内業者は千葉県学校給食組合の指定により、取引をしているので、直接 市が選定しているわけではない。

黄金名の感想  県の組合が銚子の業者を指定しているのに、銚子市がその業者を切ることになるわけだ。

大学に90億、市立銚子高校に62億、給食センターに60億、

これだけの巨額投資をしつづける銚子市。

一つ、確かなことは、10年後、これらの計画を推進した人たちは、全員、市役所を去っていることだ。

じゃ、次回

|

« 市議会議員定数削減は保留 | トップページ | 市議会を傍聴して »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2010.9.16 市政報告会に参加:

« 市議会議員定数削減は保留 | トップページ | 市議会を傍聴して »