« 最悪の007映画とは? | トップページ | トランスポーター »

2010,9,22銚子市議会 閉会

今日が市議会は最終日、つまり各議案の採決がなされる日だ。

まず利用者である、電力会社にとって50万円の負担軽減になる、電柱の使用料金改定は、反対意見が笠原議員より述べられた。

「市民には公共料金の値上げを負担させているのに、大企業には軽減する議案には反対したい」

との内容。黄金名も同意見である。

ところが、採決は賛成多数で可決。

ここで、黄金名が不満に思うことは、賛成多数で・・・という表現である。

やはり、賛成○反対○で・・・と結果を明確にしてもらいたい。

この議案を黄金名を複数の市民と話し合ったが、全員、電力会社に相応の負担増をお願いすべきという意見である。

なぜ、こうも民意と議会の意思がずれるのだろうか?

しかし、黄金名も民意と違う意見をもっている陳情がある。

それは、銚子市議会議員定数を18名にするものだ。

採決結果は、18名に賛成2、反対22名(たぶん)だった。

18名にするしないより、21名と市議会で決定したことを、くつがえすべきではない。

仮に、18名にした場合、しばらくして15名にする陳情がでたらどうするのか、また、民意といって採択するのか?

ここは銚子市議会の良識ある部分に触れた気がする。

じゃ、次回

|

« 最悪の007映画とは? | トップページ | トランスポーター »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2010,9,22銚子市議会 閉会:

« 最悪の007映画とは? | トップページ | トランスポーター »