« 最高の女性歌手は? | トップページ | 四街道市の学校給食 »

佐倉市の学校給食は

10月13日(水)、佐倉市役所を訪れ、学校給食の状況を勉強してきた。

まず、給食数    銚子市 5千食        佐倉市 13千食    銚子市は約39% 

そして、年間運営費であるが、佐倉市は、5億9千万円、

                   銚子市  3億円 (現在の計画)

佐倉市の年間経費に銚子市の39%をかけると、

                         2億3千万円

つまり、佐倉市にくらべて、銚子市の計画は、年間7千万円ほど高い。

これを、市が発表している、15年間をかけると、10億5千万円となる。

結論は、佐倉市と同じ条件であれば、行政の計画より、10億円、安く計画ができるということである。

そして、もう一つ、注目すべき事柄がある。

それは、佐倉市の学校給食は、各学校に調理場があり、「給食センター」は存在しないとのこと。

各学校に調理場があることは、すなわち、経費のアップに直結するはずである。

にも、かかわらず銚子市の計画は佐倉の現状にくらべ、10億円の過剰なものになっている。

「各校ごとに調理場をもうける方式は、コスト・アップを招きませんか?」

と、黄金名。

「その通りです。しかし、私たちは、子どもたちに美味しい給食をたべてもらいたいのです。要は、優先順位の問題です。それに、コストの件は、各校の栄養士が真剣に取り組み、農家から規格外の野菜を納入してもらったりして、成果をあげています」

との、回答だった。

その時の、担当者の自信に満ちた、明るい笑顔が、黄金名には眩しかったな。

次回は、四街道市役所を訪問予定。

じゃ、次回

|

« 最高の女性歌手は? | トップページ | 四街道市の学校給食 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 佐倉市の学校給食は:

« 最高の女性歌手は? | トップページ | 四街道市の学校給食 »