« TOEIC | トップページ | 第1回極上さば料理祭  広半 »

慶応大学ボート部と歓迎会

11月20日、大新旅館で、毎年恒例の慶応大学短艇部と、銚子三田会との懇親会が行われた。

大内恭平会長によると、この催しは100年以上続いているそうである。

たいしたものだと、驚くほかはない。

この会に出席して、現役の皆さんとおしゃべりすることは、本当に屈託のない、気散じな時間。

時代の流れを感じるのは、未成年はアルコール飲料を飲まないこと。

この辺は、日本人の意識も変化しつつあると思うな。

いいことだ。

3年生の男子学生と話をしたが、「ニーチェの言葉」が愛読書だそうだ。

黄金名のお勧めする本はと、聞かれたので、

サマセット・モームの「人間の絆」

司馬遼太郎の「竜馬がゆく」

をあげたのは、いつもとおり。

読書って、やっぱりしたほうがいいですか?

と、聞かれたので、モチロンと回答。

その理由は、書物なしには、ごく狭い範囲でしか生きることが出来ない。

本をつうじて、ソクラテスの言葉に触れることもできるし、恐竜の生態を実感することもできる。そして、自分より厳しい境遇におかれた人たちとその生き様を知ることで、自分の生きる道も決まってくる。

と、いうようなことを申し上げた。

続いて、4年生の女学生2名が来てくれて、談笑した。

実は、彼女たちが2年生の時に出会って、去年も親交をあたため、今年が最終学年で、最後の懇親会。

今年で、3回目の出会いだが、本当に楽しく、充実したおしゃべりができた。

世の中は狭いもので、その一人のお父さんがオーディオの輸入商社を経営しているとのことで、社名を聞いたら、黄金名が知っている会社だった。

もちろん、そのような高額機器は黄金名の手の届くものではないが、憧れとして、記事を雑誌で読んだりしている。

そうか、彼女は、そこのお嬢様なのかと、一層、親しみが湧いてきた。

でも、メイル・アドレスを聞こうかなと思ったけど、止めといた。

ま、どこかで会うこともあるだろう。

本当に楽しい90分だった。

来年もこの会だけは、外せないな。

じゃ、また、

|

« TOEIC | トップページ | 第1回極上さば料理祭  広半 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 慶応大学ボート部と歓迎会:

« TOEIC | トップページ | 第1回極上さば料理祭  広半 »