« 竜馬伝の大政奉還 | トップページ | 充実した一日 »

落胆 柳田法務大臣 更迭

柳田法務大臣が辞任した。

失言から一週間経っている。なぜ、これほどの時間がかかるのだろう?

尖閣諸島、普天間基地などの問題は外交なので、相手がいるし、高速道路無料化は財源が必要だ。にち

したがって、仮に不本意な結論が出たとしても、情状酌量の余地はあると思う。

しかし、柳田議員の件は、党内の問題ではないか?

これでは、菅内閣の支持率が激減しているのも、無理はない。

その上、このような不始末は、野党時に民主党が徹底して、非を追及していたことではないか?

これで、国民は民主党も自民党も、政治家はみな同じという印象を持ったことだろう。

NHKの日曜討論で、岡田幹事長が「言い間違いは、だれにもある」と発言した。

冗談じゃない。

誰にもは、このケースに当てはまる言葉ではない。

法務大臣の発言と黄金名のそれが、同じ影響力のはずはない。

いつも思うのだが、官邸や省庁に入ってしまうと、なにか、脳に注入されるのだろうか?

黄金名がお会いして、歓談した菅代表代行は素晴らしいと思ったのに・・・

じゃ、また

|

« 竜馬伝の大政奉還 | トップページ | 充実した一日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 落胆 柳田法務大臣 更迭:

« 竜馬伝の大政奉還 | トップページ | 充実した一日 »