« 一人歩き | トップページ | 本家は旨い »

銚子市立病院休止の影響

2009年9月30日に銚子市立病院は休止した。

入院患者は全員たちのかされたわけだ。

銚子市立病院は公立病院のつねとして、銚子市より補助を受けていた。

金額は、9億円。そのうち、3億5千万円は国からの補填があったので、銚子市の実質的な支援金額は5億5千万円だった。

ところが、それで足りなくなり、さらに7億円が必要となった。

「私は、市立病院をつぶしません」

と、公約、当選した岡野市長は、

「私が市長になって、1年目は水道会計より融通した。2年目はあちことよりかき集めた。そして、3年目の今年、市の金庫はカラッポになった。したがって、市立病院は9月30日で休止します」

との声明を発表して、市立病院を実質的に閉鎖した。

それが、2008年。

注目すべきは、銚子市の年齢別人口である。

それまで、少ないながらも400名を維持していた年齢別人口を、2008年は大幅に割り込んだ。

343人。

2008年に誕生した赤ちゃん数である。

つづいて、2009年は342人。

ところが、銚子市は病院が休止に追い込まれているにもかかわらず、市立高校の新築を決定。

PFI方式による、総額は62億円。27年度から始まる返済は2億36百万円。それに現在返済中の1億円をあわせると、3億36百万円にものぼる。

大学誘致のための、借入が、総額69億円。

返済は元金が3億8千万円の固定。それに利息が加算され、総額は約5億円。

大学誘致と市立高校の新校舎建設の実現のため、市立病院が休止されたような印象さえうける。

銚子市の人口減少は、働く場所がない、地価が高いなどの理由のほかに、行政の市民にたいする愛情の薄さが最大の原因のような気がする。

だって、命を守る病院を休止して、高校の新校舎を建築するんだもの。

じゃ、また

|

« 一人歩き | トップページ | 本家は旨い »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

市立病院休止や市立病院、県立病院の崩壊は銚子市だけでなく、全国の病院で始まっています。

銚子市だけの様に取り上げないでください。
全国的な問題です。
それに付け加えたかのように大学と高校の建設が閉鎖に追い込まれたのと重ねる事が選挙の為の道具として市民を脅かしています。

もう一度言います。
市立病院、県立病院の崩壊は全国的に始まっている現在進行形です。
その市立病院の崩壊の原因が日本国内で大学と高校なんでしょうか?
一番の原因は、国の診療報酬採点価格の極端な引き下げと、看護師の報酬と、地方の医師不足が原因ではないのですか?

その事をメクラにして大学が悪い、高校が悪いってが。数年程度は市立病院の運営がのばせたに過ぎないと思いますし、その時点では医師がずらかっていましたから・・・
たのむから、もうこれ以上選挙の点数稼ぎに市立病院と学校を結びつけるのはやめてください。

投稿: 大木衛らない | 2010年12月 1日 (水) 08時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 銚子市立病院休止の影響:

« 一人歩き | トップページ | 本家は旨い »