« キリスト教式の葬儀 | トップページ | シティオとY’sキッチンの閉店 »

007映画の最高傑作

そう、やはり「ロシアより愛をこめて」が最高傑作だと黄金名は断言したい。

その理由は

1.ボンドのカッコ良さがピカイチ。(ショーン・コネリー)

    タチアナとの対面シーン。不自然に筋肉がついていず、自然なカッコよい体つき。タチアナとのキス・シーンは、黄金名に強烈な影響をあたえた。同時にボンドの秘密兵器でもある「アタッシュ・ケース」。そのカッコ良さにしびれた黄金名は、中学生であったにもかかわらず、同様のかばんを手に入れ、4中に通ったほどだ。

2.悪役の強さが比類ない。(ロバート・ショー)

    スペクターの幹部、ローザ・クレップがメリケン・サックをはめてグラント(ロバート・ショー)の腹部を殴りつけるが、ビクともせず耐え抜くシーン。トルコの英国情報部員と駅で出会い、殺す場面、すべて無言だが、その強さが伝わってくる。

3.ボンド・ガールの美しさは他を寄せつけない。(ダニエラ・ビアンキ)

    彼女の美しさは表現できない。そして、黄金名にもの凄い影響を与えた。なにしろ、黄金名の初結婚は英国女性だったが、このボンド・ガールの愛称と同じ名前の人だったのだから。

4.脇役が充実、とくに、イスタンブールの支局長で、ボンドを助けるケリム・ベイ(ペドロ・アルメンデス)

    ペドロは手術もできない末期がんだったそうだが、必死に演技をして、撮影を終了した。その後、これ以上の治療はむだとの自己判断で、拳銃自殺をしたとのこと。余談だが、彼の息子が「消されたライセンス」に出演している。

5.ストーリーのシンプルさと自然さ

     実は、007シリーズは小説で始まったわけだが、作者のイアン・フレミングが期待したほどは、ヒットしなかった。「ロシアより愛をこめて」は小説では5作目で、これがヒットしなかったら、ボンドは終わり、という前提で書かれている。

    ところが、ケネディ大統領の愛読書、ベスト10に「ロシアより・・・」が選ばれて、急速に脚光を浴びるようになり、大ヒットしていった。

   その点で、ケネディは全ボンド・ファンの恩人といえるだろう。

ま、チマチマと書いてきたが、とに角、見てない人は見ること。

じゃ、また

|

« キリスト教式の葬儀 | トップページ | シティオとY’sキッチンの閉店 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 007映画の最高傑作:

« キリスト教式の葬儀 | トップページ | シティオとY’sキッチンの閉店 »