« 市議会議員の適正定数は? | トップページ | 2011年度 民主党党大会 »

平成22年度 第4回市民報告会

今日、黄金名はミスをした。

市民報告会で質問した時のことだ。

黄金名は、自分に一つの規制をしている。

それは、一時一事の原則をまもること。

これまで、市民報告会では、そのことを徹底して、野平市長に完勝してきた、、、と思ってる。

しかし、今日は、給食センターに関する質問を、4点に分散してしまった。

1、過剰設備

2.縮小した規模による予算の削減

3.PFI方式の欠陥

4.統合することによる、食中毒の危険性

をあげた。

黄金名としては、これを給食センタの凍結に結びつける重要点だと判断して、しつもんしたのだが、野平市長には4点の質問と映ったようだ。

今回はPFIとリスク分散には触れないで、過剰設備に絞った質問をしたほうが、より鋭い議論になったことは間違いない。

なるほど、自分をおさえることは難しいものだ。

このところ、様々なことが、順調にいきすぎて、自惚れていたような気がする。

あと、今日の集会のレジメは、

1.新小・中学校など再編方針      教育長

2.市立病院の運営状況         病院対策監

3.外川園の建設             社会福祉事業団理事長

4.てうし横丁                市長

それと、特筆すべきはてうし横丁を推進する「松屋百貨店」の社長が出席して、挨拶されたこと。

これは、良かった。こういう透明性が行政には大切だ。

病院をかたる野平市長とは、別人のようである。

さらに、驚いたことは、

黄金名の質問に回答中に

「鎌倉さんが市議会議員になったら・・・」

と、野平市長が発言したことだ。

この意図はなんだろう

じゃ、明日は民主党大会について

|

« 市議会議員の適正定数は? | トップページ | 2011年度 民主党党大会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平成22年度 第4回市民報告会:

« 市議会議員の適正定数は? | トップページ | 2011年度 民主党党大会 »