« 小学校時代の読書 | トップページ | 銚子市の県議選状況 »

警察での視力検査

今日、警察署で運転免許更新の手続きを済ませた。

前回より5年たっているが、一つ問題が起こった。

実は、今日は2度目の申請なのである。

理由は視力不足。

前回は、右目はだめで、左目が0.6

なんでも、片目が0.7あればOKとのことで、再チャレンジとなったわけだ。

黄金名は目薬をかいこみ、点眼し、パソコンを使う時間を減らし、今日をまった。

結果は、見事、いや、かろうじて0.7をクリアできた。

しかし、なにか腑に落ちないものがある。

黄金名は、読書にはまったく不自由しないし、新聞はもちろん、ゼンリンの地図の地番なども、自由自在に判読できる。

これで、免許更新するには、視力がスレスレとは・・・

検査は円にスリットがあり、その方角を視認するものだが、あんなに細かいスリットによるテストは実際的なのだろうか?

専門知識はもちろん、ないので、断言はできないが、なんとなく、モヤモヤが漂う、黄金名の胸中である。

じゃ、

|

« 小学校時代の読書 | トップページ | 銚子市の県議選状況 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 警察での視力検査:

« 小学校時代の読書 | トップページ | 銚子市の県議選状況 »