« 子育て支援の意義とは | トップページ | 市議会議員の適正定数は? »

次回の銚子市議会議員選挙

26議席から21議席になる、銚子市議会議員選挙は、4月24日に行われる。

5議席削減の影響は大きいとおもう。

前回、26議席の順位でいえば、22位~26位だった議員は落選、ということになる。

しかも、28議席の2003年の時、最下位は779票だったのが、26議席の前回2007年は989票になっている。

2議席減で、最下位票が210もあがっているのだから、今回は何票が当選と落選をわけるか、関心ある。

おおかたの予想では、1,200票と読んでる人が多い。

となると、新人には不利な選挙といえる。

やってみると分かるが、普段、親しくしている人は、そんなに多いわけではなく、せいぜい、100人位だろう。

それに、疎遠な親戚や同級生などをくわえて、あまり、親しいとはいえない知人などをいれても、500人をこえることは、難しい。

ハードルが高いほど、現職が有利になる構図がみえてくる。

しかし、市議会議員の権威をたもつためには、銚子市ではやはり千票がボーダーラインとしてふさわしいという意見は説得力がある。

なるほど、黄金名もそう思うし、結果が楽しみだ。

じゃ、また

|

« 子育て支援の意義とは | トップページ | 市議会議員の適正定数は? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 次回の銚子市議会議員選挙:

« 子育て支援の意義とは | トップページ | 市議会議員の適正定数は? »