« どこかおかしい国会議員 | トップページ | ドリーム・ガールズ »

民主党16人が会派離脱

いやはや、政局は凄まじい状況になってきた。

16名もの衆院議員が会派を離脱すれば、衆院での3分の2が成り立たず、内閣は総辞職いがいに選択肢はなくなる。

現在の民主党の状況から考えて、解散は考えられないし、首相を変える以外選択肢はあるまい。

でも、どうしてこんな状況になってしまったのか?

それは、やはり、菅総理が原理原則を無視して、小沢氏の党員資格停止の処分を決定したからだろう。

菅総理の側近である、仙石氏、枝野氏は弁護士が、どういう視点からこのような決定をしたのか、聞いてみたいものだ。

ここは、裁判で判決がでるまでは、無罪という原則を尊重して、それに沿った発言を党全体でしていれば、事態はずいぶん違ったものだっただろう。

正論を展開していれば、特に学者に、そのことを支持する人が登場し、大きなうねりをおこしたかもしれないのに、残念だ。

一般市民には理解できないかもしれないけど、政治家はあくまで独立した存在だ。

黄金名も民主党に所属してはいるが、普段の活動は、あくまで個人の努力と経済負担でしている。

だから、たとえ国会議員であろうと、黄金名を部下扱いすることはできないわけだ。

そうなると、今回の16人の行動も理解できるような気がする。

ただし、彼らは国会議員なので、次の総選挙において、公認の指名件をもと、党執行部と戦うことは、限界があるような気もするが。

折角、国民からいただいた政権なのにもったいない。

要は、感謝の気持ちが足りないよ。

じゃ、

|

« どこかおかしい国会議員 | トップページ | ドリーム・ガールズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 民主党16人が会派離脱:

« どこかおかしい国会議員 | トップページ | ドリーム・ガールズ »