« 感謝を忘れずに | トップページ | 野田財務大臣 at 檀谷正彦決起大会 »

銚子の地域医療をつくる会、勉強会に参加

今日は、上記の勉強会に参加したが、得ることはおおかった。

まず、市側から3人の担当者が出席して、誠意ある応対をしてくれたし、出席者も、気軽に質問や意見をのべていた。

こういう会があるのだから、変に垣根をはらずもっと多くの市民に参加してもらいたいものだ。

さて、市立病院の現状

医師数

常勤  2人     非常勤  9人

経営状況

予定  5千万円の赤字      実績  1億32百万円の赤字

今後

今年度中に、医師7名を確保して、50床の入院を可能にしたいとのこと。

さて、座談の時間がきて、参加者から出た、最もおおい質問は、市立病院の宣伝不足に関するものだった。

たとえば、広報でも半ページのスペースだけが病院に関する情報。

これは、その通りだと、黄金名も思う。

なぜなら、市立病院関係の予算は、今年度で、10億円以上だ。

その資金が、患者がこなければ無駄になるわけだから、もっと宣伝、広報に力をいれることが当たり前だ。

そこを問題視した、本日の参加者の見識に拍手したい。

黄金名は、赤字の内容について質問した。

つまり、82百万円も赤字が増大した原因は、経費増か、それとも収入不足かを聞いたが、市側の回答は収入不足で、経費の問題ではないとのことだった。

そうかな?

じゃ

|

« 感謝を忘れずに | トップページ | 野田財務大臣 at 檀谷正彦決起大会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 銚子の地域医療をつくる会、勉強会に参加:

« 感謝を忘れずに | トップページ | 野田財務大臣 at 檀谷正彦決起大会 »