« 気軽なおしゃべり | トップページ | 弔意を表すって? »

2008年に愛宕町に市議会議員がいたら・・・

そう、2008年は銚子市立病院が休止になった年。

同年の7月7日、暴風雨だったけど、岡野市長がその発表をした。

そして、8月22日、市議会が市立病院休止の議案を可決した。

13対12の一票差で。

市議会には西部地区を地盤とする議員が多い。

たとえば、宮原とかあの辺の地域となると、前宿町の銚子市立病院と神栖の鹿島労災病院、そして、旭市の旭中央病院などの地理感覚がだいぶ違うような気がする。

だから、もし愛宕町、笠上町などの中央から東部地区の議員が、2008年8月22日に議場にいれば、異なった結論がでた可能性は高い。

したがって、政治家を選ぶ行為、すなわち「投票」は大切だな。

じゃ

|

« 気軽なおしゃべり | トップページ | 弔意を表すって? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2008年に愛宕町に市議会議員がいたら・・・:

« 気軽なおしゃべり | トップページ | 弔意を表すって? »