« 県議選挙への疑問 | トップページ | 県議選挙のポスター »

選挙戦の重圧

今日は、4月6日。

市議選の投開票日は4月24日だから、運動は23日までだ。

となると、明日から数えると、あと、17日間だ。

やはり、全部の支持者を廻りきれない事が、罪悪感となり、結果への不安を増長するのだろう。

真冬、早朝にポスティングをしていると、魚屋の奥さんが、包丁をにぎって魚をさばいている。

蛇口からは、水が流れっぱなしだが、その水で魚を洗ったりしている。

真冬の早朝の水の冷たさを考えると、

「大変だ」

と、思う。

しかし、その奥様は一日の仕事が終われば、開放感があるだろう。

ところが、政治活動は日が暮れると、これで終わりということがない。

つまり、無限地獄を歩いているようなものなのかな?

したがって、黄金名の心理的な重圧感はうまく表現できないほど。

だけど、その全てを承知のうえで、黄金名はこの道を選択したのだから、覚悟は決まってるよ。

明日も、感謝の気持ちで後援会の皆様とせっし、笑顔で訪問先に挨拶しよう。

じゃ、

|

« 県議選挙への疑問 | トップページ | 県議選挙のポスター »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 選挙戦の重圧:

« 県議選挙への疑問 | トップページ | 県議選挙のポスター »