« ㈱長大の幹部の方と懇談 | トップページ | 市議会、野平市長 VS 石上議員 »

黄金名の由来

黄金名の実名は、鎌倉金。

皆さんは、すでにご存知ですよね。

ブログ上で実名を明かすのは、リング上でマスクをあばかれた覆面レスラーの気持ちかな?

先日、コメントに黄金名が慶応卒と英語を自慢しているかぎりは、当選しないとの意見があった。

その方は、「黄金名」というペン・ネーム、あるいはキーボード・ネームも自惚れているように受け止めている様子だった。

その方はいいと、して、もしかしたら一般読者にも「黄金名」の由来が、いまひとつ、飲みこめない方もいるかもしれないと思い、今日は、閑話休題、として、「黄金名」について、語ります。

皆さんは、黄金名が007シリーズ、つまりジェイムズ・ボンド映画を愛していること、理解されてますよね。

その007をロジャー・ムーアが演じる、1974年公開の第9作、、

原題は、The man with the golden gun

邦題が「黄金銃を持つ男」

鎌倉金の名前は、金、だから、金は黄金、

そこで、黄金の名前を持つ男、、、、つまり黄金名を持つ男

として、自分の名前と007映画のタイトルを合体して、

「黄金名を持つ男」

が出来あがったわけ。

007ストーリーでは「黄金銃を持つ男」は、

「フランシスコ・ザビエル・スカラマンガ」

といい、劇中ではスカラマンガと呼ばれている。

クリストファー・リーが演じていて、素晴らしい出来映えだった。

スカラマンガは殺し屋で、一つの殺しに、百万ドルを請求する。

そして、最後にボンドと対決するわけだけど、結末は分かりきってる、そこをどう興味をつなぐかが、見せ所であり、製作者の悩むところでもあるだろう。

ちなみに、この映画のボンド・ガールは二人いて、主役はブリット・エクランドが演じるメアリー・グッドナイト。

とっても魅力的だけど、そのあと、ロッド・スチュワートの恋人になっていたそうだから、いかに美人か推して知るべし。

と、そういうわけなので、あまりピリピリせず、ジョウクを楽しんでね。

じゃ、明日はお休み。

市議会の傍聴メモは、18日にのせるね。

|

« ㈱長大の幹部の方と懇談 | トップページ | 市議会、野平市長 VS 石上議員 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 黄金名の由来:

« ㈱長大の幹部の方と懇談 | トップページ | 市議会、野平市長 VS 石上議員 »