« 906-2 | トップページ | 銚子市議会 »

906-3

皆さん、こんばんは、、、、、今、夕食と片づけをすませたところ。

今日の献立は、「ソラマメ」カスミで買いました。その次が、「こんがりトースト」を2枚。

以上は料理しながら、ビールとともに楽しんだ。

そして、メインデッシュは、玉ねぎ、ニンジン、マッシュルームとベーコンが具の炒めご飯。

ケチャップで少し味付けしてます。

これだけ具が豊富だと、「味付け」塩だけで十分なんだけど、プラスαでケチャップを使ってる。

デザートは銚子のイチゴ3粒とグリコのプリン。

準備から片づけまで約2時間だけど、とっても楽しい。

だって、ジェイムズ・ボンドが一緒だから。

そう、DVD「私を愛したスパイ」をかけながら、料理し、食事し、片づけまで至福の時間。

画面は見なくても、音だけで十分に楽しめる。

それだけの回数を見てるわけだ。

で、ここから、選挙の話。

今日は、事務所開き、出陣式の話。

黄金名の陣営は、以上のための動員などはほとんどしていない。

なぜなら、黄金名の主張と日常活動を評価してくれる方が、その通りに投票してくれれば、自ずと当選できると確信していたから。

また、事務所に来なくても、投票が大切だと考えていた。

それに、事務所開きでは、文字通りお茶1本ださなかった。

それでも、当選に近い数字がでたのだから、嬉しい。

「お茶など飲みたくもないけど、式の後、親しい方とおしゃべりしたい。そのための椅子、テーブル、お茶などは必要ではないか。あそこまで、生真面目である必要はないと思う」

とのご意見を頂戴した。

なるほど、それはその通りだ。

次回は、もう少し、懐を深くして臨もうと考えてる。

じゃ、明日は、市議会の傍聴メモ。

またね。

|

« 906-2 | トップページ | 銚子市議会 »

コメント

銚子市政に関心を持つ通りすがりの者です。
自らを「黄金名」と名乗ったり、慶応大卒、英語が堪能といったことを自慢げに書くのはどうかと思いますよ。普通の感覚を持った市民はみんな引いてしまます。
きつい書き方をすれば、金さんの時代、慶応法学部なんて、スポーツ特待生の受け皿で、一般受験生にとっては滑り止めの学部でした。ご自慢の英語にしても、それでビジネスができたんでしょうか。
慶応と英語が金さんのよりどころというのはよくわかりますが、これを全面に出すのは還暦男としてはあまりに情けないと思いますね。
ここから脱皮しないかぎり、当選はおぼつかないと思います。

投稿: 通りすがりの者です | 2011年6月13日 (月) 23時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 906-3:

« 906-2 | トップページ | 銚子市議会 »