« ただ今充電中 | トップページ | 千葉科学大学副学長 宮林正恭教授 »

午後のひと時

午後2時から4時くらいまで、市内のファミリー・レストランで、二人の女性とおしゃべりをして、とても、楽しかったし、充実していた。

お二人とも70代後半といったところで、ファミレスは初めて来そうで、女子高校生の騒々しさに目をまるくしていた。

「私たちのころは、学生がこういうお店にくること自体がなかった」

「僕も、高校生までは、そうでしたよ。友達とはお互いの家に行き来して、お金のかかるつきあいなど、一切ありませんでした」

「あなたの世代でもそうなんですか」

と、ひとしきり、世代論で盛り上がり、それから話題は政治に移り、

「なにしろ、ここは同じ方が7期も市長をやる町ですから」

と、銚子に居住して50年という女性。

「それを言われると、弱いんですよ。なにしろ、その市長さんと、私の祖父、父とも大の仲良しで、選挙の時は、いつも中心にいたわけですから」

賛否両論ある市長さんだが、個人としての魅力は抜群だった。

その辺は、ここ2代の市長さんたちが足元にも及ばないところ。

それから、黄金名の市議選の話に移って、二人とも、次回はもっと一生懸命にやりますといってくれた。

一人の方は、市議会議員に不信感をもっていて、給料をなしにして、ボランティアにすべきじゃないか、とのご意見だった。

「政治に本当に打ち込む場合、生活の保証は必要なので、歳費がゼロというわけにもいかないし、それは、民主主義を維持するための、コストと認識してもらいたい」

と、黄金名。

それから、銚子は景色、気候とも抜群で、お嬢様のご主人は他県から引っ越してきて、満足して住んでいるとのことだった。

こういう話は、明るい気持ちになる。

お勘定はワリカンで、散会した。

じゃ、

|

« ただ今充電中 | トップページ | 千葉科学大学副学長 宮林正恭教授 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

高齢者が、無駄な医療費を垂れ流ししなければ
金はいくらでも捻出できると言ってやりな。

投稿: | 2011年7月14日 (木) 12時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 午後のひと時:

« ただ今充電中 | トップページ | 千葉科学大学副学長 宮林正恭教授 »