« 愛宕町 子ども神輿 | トップページ | 「原発から自然エネルギーへ」銚子市民の集い »

銀座商店街を活性化するために

7月31日、銚港神社、例大祭の宵宮に参加した。

黄金名の実名は鎌倉金、鎌倉は家の名だが、「金」は私個人につけられたもの。そして、なにを隠そう、その名づけ親は銚港神社の先々代の宮司なのである。

神社からの使者がきて、生まれた赤ん坊が「金」という名を授かったことを聞き、母は余りの意外さに大泣きしてしまったそうだ。

それが、85歳の今でも「金ちゃん」と呼んでいるのだからな・・・

というわけで、銚港神社は黄金名にとって、特別な存在だ。

そのお祭りには参加しないわけにはいかない。

で、神事が終了し、懇親会となり、ある総代がこうおっしゃった。

「神社を大切にして、神社の祭りを盛んにすることが、その町が発展する原動力となる」

なるほど、そうかもしれない、、、

と、黄金名は、膝を打った。

町が発展するためには、人が集まることが不可欠の条件だ。

銀座商店街は、努力していると思う。

「夜祭り」「軽トラック市」など、次々にイベントを企画し、開催している。

しかし、黄金名の胸中には、なにかもやもやしたものが溜まっていた。そして、それがなにか、分からないでいた。

ところが、そのもやもやがその総代の一言で晴れ渡った。

「そうか、銀座商店街のイベントは歴史的必然性に欠けているのか・・・」

と、気付いたのだ。

神社に神様が実在するかしないかとの議論は、この際、封印しよう。

だって、人が集まったほうがいいんでしょ?

だったら、銚港神社にもっと活躍してもらったらいいじゃない?

その隣には、五重塔もあるわけだし。

そういう歴史的建造物の歴史的存在をもっと高めようよ。

じゃ、

|

« 愛宕町 子ども神輿 | トップページ | 「原発から自然エネルギーへ」銚子市民の集い »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 銀座商店街を活性化するために:

« 愛宕町 子ども神輿 | トップページ | 「原発から自然エネルギーへ」銚子市民の集い »