« 小沢問題の現状 | トップページ | 入院してました »

ハリー・ポッター完結編

「死の秘宝」パート2を見た。

途中、3度ほど、感動する場面があった。

このシリーズは、10年前に映画化が始まり、ダンブルドア役のリチャード・ハリスは他界されたので、交代したが、他の役柄はすべて同じ俳優が演じている。

ホグワーツという魔法学校にハリーが入校するところから始まるのだから、ほとんどの役柄が6~10歳くらいの子役が演じることになる。

彼ら、一人一人の成長が素晴らしい。

テーマは一貫して「愛」を表現している。

つまり、どれほど力があっても、そこに愛がなければ、意味がないということを、、、

この制作者は、もっと手軽な映画をつくり、お金儲けをすることができただろう。

しかし、彼らは子どもたちの人生に、一生投影するような、深い内容の作品をつくった。

アメリカのディフォルト、イギリスの暴動など欧米にも問題はあるようだ。

しかし、ハリーのような作品をつくる「良心」があるかぎり、欧米は前進していくだろう。

それと、ちょっと視力が落ち気味で、現在、治療中。

しばらくお休みいたします。

|

« 小沢問題の現状 | トップページ | 入院してました »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハリー・ポッター完結編:

« 小沢問題の現状 | トップページ | 入院してました »