« 銀座商店街を活性化するために | トップページ | 子ども手当廃止 »

「原発から自然エネルギーへ」銚子市民の集い

8月2日(火)上記の準備会に参加した。

人数は12~13名といったところか。

要旨は、原発から自然エネルギーへの転換をはかる運動をするもの。

9月19日(月・祝)午後2時、勤労コミュニティセンターで集会を開催する。

本日は、その準備委員会だったわけだ。

原発の危険性にかんしては、日本国民全員が認知しているだろうから、ここでは触れずに、会議の中身についてお話ししたい。

まず、感心したのは、議論が活発なこと。

ある方がポスターの原案を作成してきたが、それに関し、積極的な発言が寄せられた。

「文字が多すぎる」

「小・中・高校生、大歓迎を加えたらどうか?」

「経費節減のために手作りにしてはどうか?」

などなど。

銚子の一般的な会議は、提案者の顔をつぶさないために、不満があっても沈黙することが多い。

確かに、l時たま、反対意見を述べる方もいる会議もあるけど、そういう意見って、なぜか愚にもつかない内容のことが殆ど。

しかし、この会議は、そういうことはなく、終始、積極的な意見が出されていた。

ただ、病院休止、給食センターなどに反対することは市内で完結することができるけど、原発問題は国政だ。これを、どう現実の社会のなかに浸透させるかが肝心だよね。

黄金名が原発に反対なのは、原子力の恐ろしさを太平洋戦争の書物などで、ある程度は認識しているから。

広島では、一発の爆弾で20万人が亡くなったわけだからね。

それと、あらゆる事故や天災は、それが終われば終わるけど、原子力の事故はその影響が無くなるまで数十年かかるらしいじゃない。

そんな施設がいいわいけない。

やっぱり、全廃にむけ、そして自然エネルギーへの転換をはかるべきだ。

9月19日の集会にむけて、黄金名もがんばります。

じゃ、

|

« 銀座商店街を活性化するために | トップページ | 子ども手当廃止 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

いいね。遂にやったな。
脱原発委員に任命されたのかな。
民主、共産、社民かな?
いいぞ。その調子だ。
脱原発として集会を開いて、その切っ掛けを利用してちみたちの票集めと、市立病院を今度こそ解体して再起不能にすればちみたちの目標は達成される。そして給食センターを崩壊させ、白紙撤回に追い込むのだ。
その予算は政務調査費としてお腹いっぱいになるまで視察旅行と一眼レフカメラとパソコンを毎年購入するのだ。
政務調査費に一眼レフが必要かな?
パソコンは毎年購入の必要があるのかな?
こういう質問があったらノラリクラリとかわして適当にあしらっとけばいいのだ。
政務調査費で海外旅行とノーパンシャブシャブ行こうぜ。ね金太君。

投稿: 脱原発 | 2011年8月 4日 (木) 06時47分

「原発から脱原発自然エネへ」銚子市民の集い原発から転換をはかる運動参加のお願い9月19日(月・祝)午後2時、勤労コミュニティセンターで集会皆集合して下さい。 本日は、その準備委員会。危険性にかんしては、日本国民全員が認知しているだろうからhttp://bit.ly/rra0xa v

投稿: 大円 師道 | 2011年8月16日 (火) 21時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「原発から自然エネルギーへ」銚子市民の集い:

« 銀座商店街を活性化するために | トップページ | 子ども手当廃止 »