« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

銚子市9月議会閉会

9月30日、銚子市議会本会議を傍聴した。内容は予算案などに対する採決。

ここで、銚子市立病院再生機構の赤字を埋めるための予算案に、加瀬庫蔵、宮内和弘、越川信一市議が反対討論を行ったので、紹介したい。

「再生機構が赤字を出したなら、その理由をただすことが、当然。市長は機構内部の内政干渉になるとの持論で、話し合いをしないようだが、それはおかしいではないか。

また、機構の理事の経営責任に対し、市長は、失敗すれば、失敗者との刻印を押される。大変、重い社会的責任をおっている。というが、それでは、何のペナルティにもならない。赤字で、さらなる補助金を養成するなら、まず、理事の報酬を下げるなどの対策をして、姿勢をみせるべきではないか。

それに、市長は、資金ショートしたら、病院がつぶれると言うが、笠井、轟両先生に復帰してもらい、管理は銚子市の再生室にやってもらえば、病院はつぶれない。

したがって、この補正予算には反対。

また、条件付きで賛成した議員が3名。

桑村、三浦、笠原議員。

賛成討論をするとき、病院運営のため、やむを得ずということだった。

反対討論をせず、反対した議員が3名。

石上、根本、根本議員。

他の議員は賛成したわけだ。

それにしても、反対討論の「理事の経営責任として、自分たちの報酬を下げて、補助金のお願いをするのが、当然だろう」

ということは、一般市民の誰しもが賛成する事柄だ。

「市会議員なんて、誰がやっても同じ」

と、同じことを言ってないで、市民のためになっている議員に注目して欲しいな

じゃ、土日はお休みします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

岡野市長と野平市長

岡野前市長は、銚子市立病院を休止したことにより、リコール運動がおこり、解職された。あれから、すでに2年が経過している。

今、冷静になって考えてみると、岡野氏への反発は純粋に政策的なことであり、そこに「闇」や「不正」の臭いは、無かった。

もう少し、休止にいたる過程で、市民との対話をし、準備期間も発表後3か月後ではなく、1年後にしていたら、風向きも変わっていたかもしれない。

さて、野平市長である。

彼は、市立病院を再開するために、銚子市立病院再生機構を立ち上げ、東京銀座に事務所を開設した。

現在、この東京事務所の是非にかんし、市議会議員はもちろん、市民からも疑問の声があがっている。

「あらゆる視点から、日本の中心地に事務所があって、はじめてお医者さんにも認知されるし、銀座にいったついでに、銚子市立病院の事務所に寄ってみようか、という気持ちになる方もいるので、この事務所は必要」

と、野平市長は発言している。

黄金名からみると、野平市長のこの意見にも、一理あると認めざるをえない。

したがって、必要、不要という議論はいくら仕掛けても、無駄である。

議員の皆様は、論点を変えるべきだ。

たとえば、東京事務所の人件費の削減に集中してはどうだろうか。

この9月議会では、再生機構の赤字補填のために、さらならる補正予算を組むと聞いている。

それであれば、その予算は、東京事務所の人件費を努力することを条件に賛成するというような、議論ををしたらどうだろうか。

ここからは、黄金名の推測であるが、野平市長が、東京事務所を開設している理由は、はじめから彼の友人に、あるいは知人にお金を配ることが目的なのである。

したがって、その存続の議論は、成り立つはずがない。

以上について、何の証拠もないし、あくまで黄金名の想像であることを明確にしておきたい。

思えば、岡野前市長は、ある団体を作って、そこに友人を配置して、高給をはらい、市の資金を注ぎ込むというようなことは、していなかった。

なにか、リコールされたことが、気の毒に思えてくるくらいだ。

逆にいえば、野平市長の「闇」の深さは、計り知れないということだ。

じゃ、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

封印を解く

今から15年前の、1996年に黄金名は事業場の失敗をおかし、銚子を離れざるを得なかった。

その時、黄金名はある誓いをたてた。

それは、自分自身の立場に納得するまで、ギターを弾かないことだ。

そして、東日本ハウスの住宅セールスの仕事と、英語の勉強だけに専念しようと、考えた。

それからの経緯は省略するが、現在は、塾の経営と政治活動に専念している。

ここで、あるメル友が登場する。

その人は、女性で既婚者だ。したがって、会う機会はほとんどない。今年に入ってから、まだ、一度もお目にかかってないくらいだ。

彼女は音楽大好き人間で、歌は目茶苦茶にうまいし、カラオケも大好きとのこと。

ところが、カラオケでは満足できなくなり、自分でギターを弾いてみたくなって、楽器の購入や練習方法、それに銚子市内のギター教室についてなど、いろいろ相談を受け、ギター談義をするうちに黄金名の心境に、変化が生じてきた。

つまり、もう一度、ギターを弾いてみたいという気持ち。

冷静に考えると、黄金名がギターを封印してるからといって、

「偉い」

と、評価してくれる人は誰もいないだろう。

ギターを弾く時間があるなら、英語の勉強をしようとも思ったが、それは、十分にしている。

そして、ゼロから始めるのではなく、ある程度の技量はあるわけだから、昔ならった曲、例えば、ベンチャーズのダイヤモンド・ヘッドなどを楽しむていどの技術は、すぐに回復するだろうから、それほどの時間食いとも思えない。

思えば、県議選挙から今回の市議会議員選挙まで、すこし、生活が厳格すぎたかもしれないと、反省している。

そして、メル友に、ギターを自分も始めるかどうか、迷ってるとメイルしたら、

「馬鹿ねぇ、楽しいことは、した方がいいに決まってるじゃん」

じゃ、また明日

| | コメント (1) | トラックバック (0)

コメントへの意見

誰かは存じませんが、コメントをありがとうございます。

語り口から判断すると、「大木衛らない」さんのような気がするけど、、、、

あなたは、すべては当選してからがスタートと、おっしゃっている。

確かにそうだと思いますし、賛成です。

しかし、それは「銚子市議会議員」としての始まりでしょう。

政治活動は、何人にも許されている国民の権利です。

当選、落選の違いは、議会に参加できるか、傍聴席で聞くかにあるのであって、政治活動が出来る、出来ないにあるのではありません。

また、黄金名が出来悪組20%に入っているとのことですが、あなたにとっては確かにそうなのでしょう。

これは感じ方の問題ですから、あなたの見方を尊重いたします。

ただ、政治活動は当選してから始まるのではなく、落選してから始まるのでもなく、市民としての存在として、行うものであることは、確認しておきます。

ご指摘、ありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

市議会議員の報酬

最近、銚子市では市議会議員の報酬についての、論議がなされている。

また、前回の市議会議員選挙で、黄金名と一緒に落選した、大野氏も地元紙で市議会議員の報酬について、寄稿している。

黄金名は、議員報酬の削減には、反対の立場をとっている。

削減の議論に納得できないことが、いくつかある。

1.市議会議員は何もしない、役立たず集団。

    この意見は、全く間違っている。6月議会で給食センターの議案に関し、反対した7名の議員は、市民のためになっている。そして、理解してほしいのは、あの議決にいたるまで、何度も話し合いをして、5月27日には100名近い集会も開いている。そのチラシ、通信費などは、すべて自己負担である。

2.市議会議員は、報酬だけを目当てに立候補している。

    確かに、報酬は誰しも欲しいだろう。たとえば、年金で生活している人が、なんらかの活動をしたいと思って立候補する場合は、報酬に対する依存度は低いだろう。しかし、若い人、たとえば、子育て最中の世代が、勤務先を辞めて、政治活動をしたい場合、政治活動をしながら、家庭を維持する場合、ある程度の報酬は必要となる。そう言えば、現在、千葉市長の熊谷さんは、千葉市議会議員に立候補した時、NTTを辞めている。

    そして、もう一つ、おかしいと思うのは、報酬以上の仕事をする、という視点が全くないことだ。

    例えば、給食センターは、もし黄金名の提案通りに建設するなら、10億円以上の経費節約になる。

報酬は、すべてその仕事との見合いで決まる。であれば、市議会議員たる者、6百万円以上の効果を市政にもたらせれば、いいのではないか、、、と思う。 

それと、野平市長は自身のブログで、3か月に10日程度の、議会で報酬をもらっている、と発言されているが、これも間違い。その10日のために、どれだけの時間を投入しているか、さらに議員になるためには、選挙活動もしなければならない。表面で見える時間だけが、活動時間ではないのだ。

最後に、2・6・2の原則について述べたい。

それは、人間のあらゆる集団は20%の優秀な人。60%の普通な人。そして、20%の出来の悪い人に分かれる、というもの。

野球のチームを打撃の面からみてみよう。

投手を除くと、野手は8名だ。優秀組は20%、1.6人。つまり、1~2名。したがって、優秀な打者が2名いるチームは強いことになる。平均組は60%で、約5名だ。出来悪組はやはり、1~2人となる。

銚子市議会は、議長を除くと、20名。つまり、優秀組、4名。平均組12名。出来悪組が4名だ。

この選挙前の議会には、質問を任期中に一度もしない、あるいはそれに近い議員が、5名いたので、まさに理論通りだ。

話が長くなったが、議員の報酬に関しては、あくまで、議員活動を考慮に入れる。そして、出来悪組ばかり、槍玉にあげず、優秀組の成果も評価することで、公正な議論ができると思う。

この件に関して、近いうちに、再び語ってみたい。

じゃ、

| | コメント (1) | トラックバック (0)

大八木呉服店裏庭カフェ

昨日は、恒例の軽トラック市が、銚子銀座通りで行われた。

通りをブラブラしていると、美味しそうなものばかり目につくので、さっさとお目当ての「カフェ」に入った。

カフェといっても、毎日営業しているわけではなく、軽トラック市の時だけの特別オープン。

呉服店を奥に入って、右に曲がり、外へでると別世界が広がる。

そう、銚子にいるというより、南フランスのリゾートにいるような気持ちになる。

四方全てが建物で囲まれ、そこに樹木が生い茂っている。

木製のデッキの上で、おいしい空気をすいながら、椅子にもたれかかって、コーヒーを味わうと、世間のウサはすべて消えていく。

昨日は、店主の友人でアフリカ、ネパールなどを題材に活動している、写真家がいらっしゃったので、しばらく同席させてもらった。

「向こうでは、肉屋さんなどはないので、肉を食べる日は、羊を屠って料理するんです。僕も、羊をやったことありますよ」

と、微笑しながら語ってくれた。

カプチーノを楽しみながら、おしゃべりしていると、アフリカを舞台とした映画、たとえば「アラビアのロレンス」の話になる。それから、ついに007が登場すると、その写真家さんも007の大ファンだそう。ただ、ショーン・コネリーまでとのこと。

それは、勿体ないですよ、、と申し上げた。

「ロシアより愛をこめて」が最高傑作であることに意見が一致し、他に007シリーズ特有のユーモアについて語り合ったが、その写真家さん、細かいことまで良く記憶されていて、感心。

そんなこんなで、2時間くらいが、瞬く間に過ぎてしまった。

それから、ココロードから小川町のカスミでイカ刺しを購入し、愛宕町の自宅まで帰ると、一万歩を達成。

友達の友人と、話に花が咲く空間、裏庭カフェ、お勧めです。

次回は、10月の軽トラック市の日。

じゃ、

| | コメント (1) | トラックバック (0)

歴代市長と野平匡邦

嶋田隆 島田総合病院、大内恭平 大丸タクシー、佐藤幹彦 ビーコム、大川政武 松岸給食センター 岡野俊明 銚子体操協会会長。

以上は銚子の歴代市長とその家の現在の仕事あるいは公職である。

いぞれも、本人もしくは息子さんやお嬢さんが、家業、公職を引き継ぎ事業を継続している。

ここで、市長の立場を、私たちに置き換えて考えてみよう。

自分が引退後、あるいは他界した後、子どもが引き続き銚子で事業を運営していく場合、それほど悪いことはできないんじゃないだろうか。

反対に、市長を引退したら、銚子を引き払えばいいや、、、と考えている場合、そこに微妙な違いが生じるような気がする。

もちろん、銚子に永住しない市長は、全員、悪玉だ、、、などという暴論をのべるつもりはない。

しかし、現在の野平市長の給食センターの建設、そして病院再開の手法をみていると、あまりにも不自然なことが多いことに、唖然とする。

それは、給食センターの業者選定委員会に地元の代表がいないことを指摘した黄金名の質問に対し、

「高度な専門家のなかで、地元の方が何ができるのか。地元の大学の教授がはいっているではないか」

と、回答したことに集約できる。

詳しくは野平匡邦のブログを見てほしいが、これは、驚くべき発言である。

自分を選んだ市民を馬鹿にする政治家っているんだろうか?

ここで、市民の皆様にお願いしたい。

市民報告会に出席することを。

次回の報告会で、黄金名は沈黙しているつもりだったが、一般質問と委員会を傍聴してそうもいかなくなった。

もてる力のすべてをこめて、質問するので期待してほしい。

じゃ、

| | コメント (2) | トラックバック (0)

血糖値の常識

「ある程度、高カロリーの食事をしても、トータルで低カロリーになっていれば、いいんだよ。甘いものも、それほど控える必要はない」

これは、糖尿病との付き合い方を助言してもらう時、最も多いアドバイス。

ところが、これは常識の誤り。

どうして、糖尿病になるか?

1.遺伝

2.暴飲暴食

遺伝と言えば、父、祖母、祖父とも糖尿病だったけど、これはどうしようもないので、話を飛ばして、「暴飲暴食」に移るね。

糖尿病は、血中の糖分が体内に取り込めず、そのまま血に残ってしまう病気。

では、どうして糖分を取り込めないかというと、その働きをするインスリンが十分に分泌されないから。

インスリンを生み出す器官は、すい臓だ。

暴飲暴食をつづけると、すい臓が酷使され、疲労し、働きが鈍くなるそうだ。

したがって、糖尿病の治療の第一は、すい臓を休ませてあげることが大切だ。

その為に、人工的にインスリンを注射するわけ。

だから、食事とカロリーは平均的にとることが、望ましい。

これが、ある日は、高カロリー、別の日は低カロリーという食生活だと、すい臓は、高カロリーに合わせた、準備態勢をとるので、休めない。

それで、甘いものはどうかというと、糖尿病の治癒に大切なのは、血中濃度を平均化することだけど、糖分は吸収が速く、急激に血糖値が上昇するそうだ。

だから、空腹時にケーキなどを食べると、大変なわけだ。

そこで、黄金名が膝をうったのは、西洋でも、日本でもデザートは食事の最後に出る事実。

最後であれば、血糖値が急激に上昇することはないわけだから、罪は軽いようだ。

まとめると、食事はできるだけ平均化したカロリーのものにする。

おやつなどは食べない。

この二つが大切のようだ。

じゃ、今日も、意識して食事します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自分に欠けていたこと

黄金名は、経営者として失敗をしたり、生活費にも事欠く暮らしをしたり、結婚生活がうまくいかなかったり、人生におけるピンチに直面してきている。

そんな黄金名を応援し、物心両面にわたり支えてくれる人たち。

生まれ育った町、銚子。

最高の教育を受けさせてくれた両親。

生きる喜びを与えてくれた子どもたち。

いつも、他愛ないおしゃべりをして、気散じな時間をすごせる友人。

そして、公募でひろってくれた、民主党。

黄金名は、この全てに感謝をしている。

だけど、一つ感謝を忘れていたことが、あった。

それは、

「自分の健康」

なにか、健康であることが、当然のような気持ちだったことが、今はわかる。

このまま放っておいたら、足の壊疽がはじまり、いずれ切断の日がやってくる、、台にのって、下半身は紙おむつの姿になり、右モモの付け根に麻酔をうたれ、手術を受けていると、そんなことが現実のものとして実感される。

つい数か月前は、ハッキリと見えていた、教室のカレンダーがぼやけて見える。網膜が弱っている事実に直面せざるを得ない。

演説が上手でも、英語がペラペラでも、音楽を楽しめるのも、全ての前提は「健康」だということが身に染みた。

「金ちゃん、今回の入院を人生の転機ととらえ、自分の志を成就するための基盤造りとしなさい」

嶋田病院の嶋田賢院長のお言葉。

「院長、今朝の血糖値は95でした」

ありがとうございます。

じゃ、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

総務企画委員会を傍聴

21日に総務企画委員会を傍聴した。

今回は加瀬庫蔵議員の質問を紹介したい。

加瀬     来月で轟院長が辞めると、市立病院の内科、外科の常勤医師はゼロになると思うが、それで間違いないか?

市側     ゼロで間違いありません。

加瀬     野平市長のブログに、轟院長の批判が3点にわたって、載っていたが、現職の市長が、現職の病院院長を公開の場で批判するとは、どういうことか?

市長     ブログに関してはノーコメント。

黄金名    ブログに関してノーコメントを繰り返す市長はおかしい。

たとえば、日本そばとスパゲッティのどちらを好むかというような、純粋に私的なことに限られているなら、ノーコメントもいいだろう。

しかし、今回、加瀬議員が指摘している野平ブログの内容は、銚子市立病院の院長の批判である。

その内容を指摘されて、ノーコメントは許されないだろう。

このブログ問題は、野平匡邦氏の本質を表現していると思う。

それにしても、昨年の5月6日に開業してから3人目の退職だ。しかも、轟院長は業績回復の功労者ではないか?

この件に関しても、市長は「私が口をはさむ事柄ではない」と発言している。

なにか、黄金名には想像もつかない闇が、「銚子市立病院再生機構」を覆っていると思う。

じゃ、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

入院してました

皆さん、こんにちは、、、、

8月22日より9月14日まで、銚子市内の嶋田病院に入院してました。

理由は、持病の糖尿病の悪化。

今年に入って、急に視力が弱くなり、眼科での診断は、「糖尿病の影響の可能性が高い」とのことだったので、銚子市役所の健康診断を受けたら、ヘモグロビンが11.2で、「要治療」と言われた。

そこで、嶋田病院で診察してもらい、その場で、入院を薦められた。

結論を申し上げると、入院して良かったと、感謝している。

なぜなら、入院当時300~400だった血糖値が、100から200に収まっている。

血糖値が下がると、頭脳が明晰になり、物事への判断が、前向きになるようだ。

そして、MRIという検査で右足の血行障害が明らかになり、血管を拡げる手術をうけた。

効果は、驚異的で、驚くほど右足が軽くなった。

黄金名はチラシ配りなどをすると、右足のふくらはぎに痛みを感じたが、歩きすぎによる、筋肉疲労が原因だと、勝手に判断していた。

なるほど、素人の思い込みくらい恐ろしいものはない。

その痛みがとれたのだ。

そして、視力減退だが、嶋田病院には眼科もあるので、入院中にも定期的に診てもらい、かなり回復していることを実感している。

さらに、食事療法により、適度な食事に慣らされた結果、1400キロカロリーの分量を体が覚えた。

と、入院して良かったと、思っている。

もちろん、24日間、世話をしてくれた、優しく美しい看護師のみなさんにも。

あすは銚子市議会委員会の模様をレポートします。

じゃ、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »