« 入院してました | トップページ | 自分に欠けていたこと »

総務企画委員会を傍聴

21日に総務企画委員会を傍聴した。

今回は加瀬庫蔵議員の質問を紹介したい。

加瀬     来月で轟院長が辞めると、市立病院の内科、外科の常勤医師はゼロになると思うが、それで間違いないか?

市側     ゼロで間違いありません。

加瀬     野平市長のブログに、轟院長の批判が3点にわたって、載っていたが、現職の市長が、現職の病院院長を公開の場で批判するとは、どういうことか?

市長     ブログに関してはノーコメント。

黄金名    ブログに関してノーコメントを繰り返す市長はおかしい。

たとえば、日本そばとスパゲッティのどちらを好むかというような、純粋に私的なことに限られているなら、ノーコメントもいいだろう。

しかし、今回、加瀬議員が指摘している野平ブログの内容は、銚子市立病院の院長の批判である。

その内容を指摘されて、ノーコメントは許されないだろう。

このブログ問題は、野平匡邦氏の本質を表現していると思う。

それにしても、昨年の5月6日に開業してから3人目の退職だ。しかも、轟院長は業績回復の功労者ではないか?

この件に関しても、市長は「私が口をはさむ事柄ではない」と発言している。

なにか、黄金名には想像もつかない闇が、「銚子市立病院再生機構」を覆っていると思う。

じゃ、

|

« 入院してました | トップページ | 自分に欠けていたこと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 総務企画委員会を傍聴:

« 入院してました | トップページ | 自分に欠けていたこと »