« イオンでジーンズを購入 | トップページ | 本佐倉城 »

落合竜 優勝

ドラゴンズが優勝した。

しかも、球団史上初の連覇であり、10ゲーム差を逆転してのもの。

これで、落合監督は在任8年で4回優勝したことになる。つまり、2年に1度は頂点にたっているわけだ。しかも、セリーグが2位の年に、日本一になっているので、今年も日本シリーズに出場すれば、5回目となる。

落合監督の素晴らしさはなんだろうか?

それは、プロ野球は全勝する必要がないことを、熟知していることだろう。

たとえば、岩瀬が打たれて負けても、

「岩瀬で負ければしょうがない」

と、決して岩瀬を責めない。

打線が沈黙して、完封負けをしても、

「こういう試合もありますよ」

と、達観している。

次に、今いる選手に活躍の場を与えることだ。

それは、就任した2004年のシーズン

「補強など必要ない。現勢力で優勝できる」

と、発言。

これは、選手のやる気を引き出すだろう。

プロ野球は、ともすれば、補強に成功したチームが優勝することが、多い。

小笠原、ラミレスなどを入れた、巨人。金本をいれた阪神などがいい例だ。

和田は西武から移籍したが、それは福留が大リーグに行ったための補強で、必然性がある。

つまり、資金力にものを言わせる野球ではなく、在籍選手の力を引き出す野球を落合監督はしてきたのだ。

それなのに、球団は監督を交代させる。

落合が3連覇するかどうか、ファンは関心があるし、他球団が、いかにそれを阻止するかもおもしろい。

実力主義といえない日本野球界。

それは、日本の政治、経済すべてに見られる問題点だろう。

じゃ、

|

« イオンでジーンズを購入 | トップページ | 本佐倉城 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 落合竜 優勝:

« イオンでジーンズを購入 | トップページ | 本佐倉城 »