« 高校野球の女子マネージャー | トップページ | エレキ・ギターとの出会い »

銚子市立病院の噂

「鎌倉さん、市立病院の医者で、轟院長が紹介した方が、解雇されたそうだ」

との電話が入った。

轟院長の契約を更改しないことが明らかになった時点で、そのようなことが起こるのではないかと、多くの市民が危惧したが、現実になった。

しかし、銚子市立病院再生機構の方針は、どういうものなのだろう?

なにしろ、現在、全国的な医師不足であることは周知の事実。

しかも、市立病院は患者数も飛躍的に増え、これからの展開に期待がもてる時、医者の解雇とはどうしたのだろうか。

聞くところによると、再生機構は医者を紹介してくれた機関に、数百万円の謝礼をしているとのこと。

だとすると、解雇した医者の補充に、またまた少なからぬ金額が必要となるのかな。

それに、患者は担当の医者が変わることは好まない。

黄金名も島田病院で手術をうけたが、担当した医師が移って、違う方になるのは、抵抗感を覚える。

となると、資金、信頼の両面から、医師の解雇は不利なこと、論ずるまでもない。

それなら、なぜ?という疑問が湧く。

早く再生機構の実体が明るみにでることを願う。

最後に、本日の記事は、冒頭の電話から、黄金名の推測を中心に述べたもので、電話の内容が本当かどうかは、分からない。

そのこと、お断りしておきます。

じゃ、

|

« 高校野球の女子マネージャー | トップページ | エレキ・ギターとの出会い »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

役に立たなかったからというかんがえもありますな 内部からの情報だといつも昼寝していたとかきいたが実際はどうなんだろうか

投稿: それは | 2011年10月12日 (水) 22時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 銚子市立病院の噂:

« 高校野球の女子マネージャー | トップページ | エレキ・ギターとの出会い »