« ツナキンの社員の自殺 | トップページ | たまには雨も »

ハリー・ポッターを読み直す

ハリー・ポッターを知ったのは、2000年にアメリカへ行った時だ。本屋という本屋にペーパー・バックが山と積まれ、何の本だろうと不思議に思ったものだ。

日本でも、まもなくブームが起こり、我が家の子どもたちも、「賢者の石」を読んでいた。

黄金名は英語版で読み始め、

「ハリーの両親は交通事故で死んだそうだね。可哀そうに」

と、言ったら二人の子どもが腹を抱えて笑っていたことを思い出す。

当時は、ハリーの英語は難しくかんじたが、今、読み直すとそうでもない。

どうやら、この10年ほどの間に成長したのは、ハリー、ロン、ハーマイオニーだけではなさそう。

この機会に1から7まですべて英語で読み直そうと、楽しみにしている。

ギターの練習、ハリーの再読。それから塩野七生の「ローマ人の物語」も読みたい。

うん、今日は、気軽にこの辺で、

じゃ、

|

« ツナキンの社員の自殺 | トップページ | たまには雨も »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハリー・ポッターを読み直す:

« ツナキンの社員の自殺 | トップページ | たまには雨も »