« 落合監督退任から日本の病巣を考える | トップページ | 今年、お薦めのクリスマス・アルバム »

野平氏と石井氏のブログ

石井敏宏館山市議会議員のブログに再訪問した。

「6名の地権者」「不可解な市長の容認姿勢」

坂田残土問題にかんする記事から、二つを拾い読みしたが、そこには、地権者や市長を侮辱するような表現は見当たらなかった。

もちろん、「不可解な市長の・・・」は、政治家が政治家の政策や姿勢について、論じている内容だから、それについての批判や政見の違いを正すことはある。

しかし、石井議員は館山市長を、「品格異常者」などと呼んではいない。

「6名の・・・」は、地権者の名前は明かさず、所有する土地の面積などを紹介し、その上で、残土問題にかんする地権者の行動に疑問を投げかけている。

一方、銚子市長、野平氏のブログは、市民、そして反対派議員の悪口に溢れている。

陳情にきた市民を「品格異常者」「特殊市民」

反対派議員を「いなおり強盗」(議会で陳謝)

黄金名を「いちゃもん屋」「銚子政界から退場して戴きたい」

興味ある方は、「野平匡邦」で検索し、野平匡邦のブログを選択すると、見ることができる。

その中で、黄金名に関する記事は「給食センター入札」というタイトルで掲載されている。

確か、6月の投稿だから、ちょっと面倒かもしれないが、見てください。

当時、黄金名は、銚子市の「学校給食センター」新築案に反対し、行動していた。

それに、関する野平市長の批判が、その記事に集約されている。

それにしても、石井議員のブログは、あくまで政策や町内会のあり方についての批判であり、個人を侮辱する表現は、一切ない。

野平ブログ、、、、「異常」である。

じゃ、

|

« 落合監督退任から日本の病巣を考える | トップページ | 今年、お薦めのクリスマス・アルバム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 野平氏と石井氏のブログ:

« 落合監督退任から日本の病巣を考える | トップページ | 今年、お薦めのクリスマス・アルバム »