« お母さんはセラピスト | トップページ | 市立病院給料不払いの所感 »

銚子市立病院が給料不払い

2011年11月8日 つまり本日の産経新聞の千葉版に、

銚子市立病院が給料不払いで、労働基準監督署から勧告をうけた記事が掲載された。

さらに、就業規則が定められていないことも、勧告を受けているとのこと。

それについて銚子市立病院再生機構は、

「給料計算を間違えただけ」

と、答弁。

こんなふざけた応対があるだろうか?

事故を起こした運転手が、「運転を間違えただけ」

無実の市民を犯人として逮捕した警察が、「捜査を間違えただけ」

不味い料理をつくったシェフが、「料理をまちがえただけ」

切がないので、この辺で、、、、

そう、再生機構の応対はおかしい。

銚子市立病院は公的な機関である。その指定管理者である、再生機構は、純然たる民間の組織ではあるまい。

労働基準監督署も、国の機関である。

つまり、公的機関が公的機関を勧告するという、前代未聞の事態が起こっているのだ。

「再生機構は民間。経営内容などに口をはさむことは、できない」

とは、野平市長の決まり文句だが、もうそういう事態ではないだろう。

それに、資金にかんして、銚子市は再生機構が要求する補填を、100%支給しているではないか。つまり、給料不払いは資金不足が原因ではないのだ。

銚子市議会議員のみなさん、場合によっては、新しい運営会社を立ち上げて、機構との契約を解除するほどの決意で市議会に臨んでもらいたい。

そう、12月銚子市議会が楽しみだ。

じゃ、

|

« お母さんはセラピスト | トップページ | 市立病院給料不払いの所感 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 銚子市立病院が給料不払い:

« お母さんはセラピスト | トップページ | 市立病院給料不払いの所感 »