« 007  第23作 | トップページ | 市民団体が市議会議員に辞職の陳情 »

銚子市政で取り組みたいこと

黄金名が銚子市政で、取り組みたい第一は、借入金の正確な掌握である。

総額、口数、それぞれの借入時期、目的、返済額、そして終了時期を明確に頭にいれたい。1

黄金名が政治を志したキッカケは、中学校に子どもが進んだ時に、8万円も諸経費がかかったことに、疑問をもったことである。

つまり、義務教育にかかる負担を減らすことが、必要だとおもったわけだ。

その思いを実現するためには、政治を変えなくてはならない。

そして、中学校で着用する運動着などを無料化したい、と、思っている。

一着、2万円。生徒数が500人で,1千万円かかる。新たな出費であるが、なにかの返済が終了した時点で実行すれば、負担増にはならない。

そう、健全な市政は、健全な財政戦略から生まれのではないだろうか。

じゃ、

|

« 007  第23作 | トップページ | 市民団体が市議会議員に辞職の陳情 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 銚子市政で取り組みたいこと:

« 007  第23作 | トップページ | 市民団体が市議会議員に辞職の陳情 »