« 2011 12月議会 岩井文男議員 | トップページ | 2011 12月議会 加瀬庫蔵議員 »

2011 12月議会 宮内和宏議員

宮内議員

参与の3名の報酬と勤務状況は現在どうなっているか?また、どんな成果をあげているか?

明石部長

阿部参与は、週5日で、365千円、山崎参与は200千円、小澤参与は週3日で、240千円。

勤務時間は、だいたい一日あたり4~5時間です。

野平市長

3名の参与の皆様には、議員報酬の削減に取り組んでいただき、月額25千円の成果をあげた。しかも、時限付きではなく条例での改定なので、そう簡単には変更できない。

大きな成果をあげていただいた。

黄金名

では、数字で検証してみよう。

議員報酬の削減は、25千円×21名=525千円

それに対し、3名の参与の人件費は

365千円+200千円+240千円=805千円

なんと、参与報酬のほうが、280千円も削減金額より多いのだ。

しかも、参与就任は4月、議員報酬の減額実施は10月からだから、4月から9月までは成果はあがっていない。

すると、この期間は参与の給料は完全な経費増となっている。

その金額は、805千円×6=4,830千円

なんと、5百万近い金額が市民の負担となっているのだ。

こんな内容を、野平市長も、よくもまあ自慢できるものだ。

もっとも、他にも条例の策定などに腕を振るっていると、市長は付け加えていたが、、、

明日は加瀬庫蔵議員の質問をレポートします。

じゃ、

|

« 2011 12月議会 岩井文男議員 | トップページ | 2011 12月議会 加瀬庫蔵議員 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2011 12月議会 宮内和宏議員:

« 2011 12月議会 岩井文男議員 | トップページ | 2011 12月議会 加瀬庫蔵議員 »