« 根本市議の質問 地元紙より | トップページ | 2011 12月議会 岩井文男議員 »

予算の5倍の赤字額 

それじゃ、昨日につづいて根本議員の質問より。

平成23年度の銚子市立病院(以下病院)の予算には、赤字見込み約1億が計上されている。ところが、今年度の実績は、この12月議会で要求される予定の1億7千万円をふくめ、5億円を超えるらしい。

予算の5倍の赤字!

「お願いしている以上、お任せして、ある期間は温かく見守ってほしい」

「別法人の内部のことに、市長が口をはさむわけにはいかない」

と、野平市長は議会、市政報告会などで答弁しきた。

しかし、事態がここに至っては、以上の理論は空虚に響くばかりだ。

これだけの見込み違いは、なにを示しているか?

いうまでもない。

野平市長の友達を中心に、銚子市立病院再生機構を設立し、東京に事務所をもうけ、医師の招聘活動をする、という計画自体が間違っていることを、数字が立証しているのだ。

この12月議会。

楽しみだ。

明日は岩井文男議員が、病院問題について質問する予定。

黄金名は、傍聴するつもり。

じゃ、

|

« 根本市議の質問 地元紙より | トップページ | 2011 12月議会 岩井文男議員 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 予算の5倍の赤字額 :

« 根本市議の質問 地元紙より | トップページ | 2011 12月議会 岩井文男議員 »