« 4中、5中の合併 | トップページ | 黄金名は60歳 »

中学校統合のコメント

驚いたことに、今朝、記事にした「4中・5中の合併」に関し3名のかたから、コメントをいただいた。ありがとうございます。

内訳は、黄金名に賛成2名、反対1名。

このうち、賛成の方から、黄金名の教育観についての質問をいただいたので、この欄でお答えしたい。

黄金名の人生で感謝していることは、幼稚園~小・中・高校と、無数の本を読んだことだ。

特に小学校のころは、日本史、世界史そして、偉人伝を手当たりしだい読破した。

現在、アレキサンダーやシーザーそして、ヒットラーまで、あらゆる人物が永年の知己のような気がしているくらいだ。

そして、英語。

英語は小6の時、旺文社のレコード付きの教本が、始まり。しかし、その前から、洋画や洋楽で英語の音には慣れ親しんでいたことが大きい。

黄金名の場合、大学に入学してからも、英語は勉強しつづけたことが良かった。

この歴史の知識、と英語力が、現在、どれほど、黄金名の暮らしを、精神的に豊かにしているか、計り知れない。

物事を学びたいという向上心こそ、人間にとって、もっとも大切な要素ではあるまいか?

それは、小学生の時に育まれる。

黄金名の両親は、二人とも大学には行っていないが、教養は豊かだった。

母は、85歳のいまでも、大河ドラマがお気に入りの番組だ。

そして、二人とも、黄金名が信長や家康の話をすると、喜んでくれた。

すると、ますますヤル気がでる。

そう、小学生時代は、周囲の大人が子供に勉強する喜びを経験させる時期だと思う。

世間では、勉強は社会では役に立たないとよく言われるが、そうだろうか?

スポーツも、たとえば、バスケット・ボールに習熟しても、あの輪の中にボールを放り込むプレーが役に立つわけではない。しかし、そこで、身につけた俊敏性、チーム・メイトと仲良くしていく協調性などは役に立つだろう。

勉強も、日本史の年号を丸暗記しても、それ自体が問われることは、無いだろう。

しかし、その勉強によって身につけた記憶力は大切だ。

その記憶は小学生の時に、基本ができると思う。

したがって、小・中では徹底的に暗記力を鍛えることが大切ではないだろうか?

暗記をすることは、すなわち、多くの書物に触れるわけだから、自然と情操教育につながる。美しさ、心の豊かさに鋭敏な感受性を育むことにつながると思う。

まとめると、黄金名の教育観は、

「学問こそ、もっとも人間らしい営み」を基本に、

1.できる喜びを体験してもらう。

2.文を読む習慣を身につくようにする。

3.辛いことに耐える精神力を養う。

以上かな。

さて、学校のもう一つの側面である、「人間関係」については、また明日。

じゃ、

|

« 4中、5中の合併 | トップページ | 黄金名は60歳 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中学校統合のコメント:

« 4中、5中の合併 | トップページ | 黄金名は60歳 »