« 2012,1,18 市政報告会 Ⅰ | トップページ | 2012.1.18 市政報告会 3 »

2012,1,18 市政報告会 2

野平市長(以下市長)

12月で病院関連補正予算が否決されたが、病院の経費は「義務的経費」に含まれるので、議会で拒否されても、市長の権限で予算を実行できる仕組みがある。実は、議員も、病院がつぶれたら困るので、自分たちが否決しても、本音では市長権限で、予算を施行して欲しいと思っている。ただ、地元新聞の専務さんだけは、病院がつぶしと言われても、構わないと発言しているが、、、、、

男性 2 60代

病院関連予算が義務的経費かどうかは、疑問がある。病院をつぶすとか、存続させるとかいう話でなく、もっと実のある議論をしてもらいたい。

市長

議論をした結果が、賛成9、反対11の否決。これが、8:12、7:13、6:14になるようなら、議会ではなく市民と相談したい。その為の仕組みを検討中だし、勉強会を企画しているので、参加してもらいたい。

ここで、黄金名は挙手して、2回目のマイクを握らせてもらった。発言は一人一回がげんぞくなので、司会者には、感謝している。

黄金名

市長は「議会が否決した」と、発言するが、それは正しくない。

9月議会も補正予算の議論があり、賛成した議員の3名が、賛成討論のなかで、

「この補正予算には、納得いかないことも多々あり、反対したい気持ちもあるが、病院の円滑な運営のために賛成します。ただし、資金内容の透明化など、いままで議論されてきたことについて、改善することを条件とします」

と、発言し賛成した事実がある。ところが、3名の議員が要求した改善事項を無視して、再び補正予算案を提出したので、この3名が否決にまわった。

言い換えれば、改善を怠る市長が、議会に予算を否決させたわけです。

市長の発言が公正さを欠いていることを、私は出席している市民の皆様にご理解いただきたく、訴えさせてもらいました。

ここで、会場から拍手が起こった。

市長の反論はなし。。。。。。

じゃ、明日。

|

« 2012,1,18 市政報告会 Ⅰ | トップページ | 2012.1.18 市政報告会 3 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ガムを噛みながらの議会答弁。議場での髪の手入れ。これだけでも人間としての基本的常識が欠落しているのは明白だ。
その上、立候補時に謳った構想とはまったく異なる病院経営の展開。金を使えば誰がやってもできる事業すらままならない無能さ。
「あんたちょっとバカなんじゃないの?」って言葉を投げてみたくなる。

投稿: | 2012年1月21日 (土) 07時49分

ガムや髪の毛の件は、話の核心をそらす時間かせぎのパフォーマンスの可能性もあり。批難を承知で小芝居にうって出ている様にとらわれず、話の核心に踏み込んでいく必要がありそうだ。
市長のバカなパフォーマンスは、病院再生機構の問題点はまだまだある、という証拠だな。

投稿: | 2012年1月23日 (月) 13時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2012,1,18 市政報告会 2:

« 2012,1,18 市政報告会 Ⅰ | トップページ | 2012.1.18 市政報告会 3 »