« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

市立病院は永遠に

今日、活動中にある女性から、

「鎌倉さん、あなた市議会議員と一緒に病院をつぶすつもりですか?市立病院で、よく、その話題がでますよ。一部の市会議員が病院を閉鎖させようと思ってるって・・・・」

「えー、私が病院をつぶす?そんなことあるわけないですよ」、

「だって、赤字の補てんに反対しているんでしょ?」

「いや、無駄な出費をさくげんして、市立病院が安定した経営ができるようにと、願ってますよ」

「だけど、人件費が高すぎるなどとはつげんしてるじゃないですか。お医者さんたちには、払うべき給料を払って、定着してもらわないと」

「それは、賛成ですよ。だけど、不要な東京事務所の見直しや、不透明な運営などを明らかにしてほしい、とお願いしているだけで、医者の給料が高いなど、言ったことはありませんよ」、

「鎌倉さんは信頼してるけど、他の市議会議員はどうですか?」

「だって、彼らは病院の休止に反対した議員ですよ。現在の運営が不透明なので、それを明朗化すべきと主張しているだけです」

「わかりましたけど、病院の患者さんたちは心配していますよ」

このように、胸のうちを正直に、さらけだしてくれる方はありがたい。

じゃ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

野平市長のスピーチ

今日は、銚子市ボランティア連絡協議会の新年会。

そこで、野平市長のスピーチを聞いた。

まず、、

「昨年にくらべると、出席者が少ないようですね」。

「そんな事ないです。去年より増えてますよ」

新年会というお祝いの席に招かれて、こんなセリフで始める?主催者から反論がでる始末。

つづいて地震、災害の話をしていたが、こればかりは、黄金名も対策を講じるわけにもいかないので、はしょります。

「銚子の中学生は、現在1800名。それが、900名になり、やがて600名になる。その時、学校再編をどうするか、非常に頭の痛い問題。それなら、どうして現在の人数にあわせた給食センターを造るのか、という意見の方もいますが、現在の生徒もだいじなわけで、大きく造ってあれば、小さくするのは簡単です」

明らかに黄金名のことを意識しての発言だろう。もちろん、証拠はないけど。それに、大きく造って税金が無駄になることが問題であって、大きく造れば、小さくするのは簡単とはどういう意味?

そう言えば、町内連合会の挨拶では給食センターに触れてなかったそうだよ。なぜ?

それにしても、銚子の人口減少問題はじめ、気が滅入るような話題が多かった。もちろん、私たちは真実に直面しなければならない。しかし、一方で時には楽しい時間をすごすことも大切だろう。

ボランティア協議会の新年会は、参加者の踊りや楽器演奏、それにカラオケなどお楽しみが一杯だ。だったら、それを期待していると、一言そえればいいのにな。

じゃ、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

市民参加と住民投票

1月27日  社会福祉センター

講師 関東学院大学法学部教授 出石 稔 氏

略歴 1961年生まれ

    1985年 横須賀市入庁

    2007年 横須賀市退職 4月より関東学院大学教授

この講演会に参加した。

出石教授は、滑らかな話し方で、住民投票の位置づけが理解できた。

民主主義は、国民主権、市民主権を現実のものにするためのもの。地方政治の場合は、市長と、市議会議員を選ぶ、2元代表制となっている。したがって、政策などは、選挙、その後の議会で論じられるべきであって、住民投票は例外的になる。

住民投票の代表例は、首長のリコール。合併協議会の設置の是非などである。

いろいろ具体的な事例をあげて、興味深かったが、長くなるので、講演のあとの質疑応答を紹介したい。

男性 60代

住民投票を市長が、ある政策についてかけるという場合、もし、その政策自体が市長の責任範囲と思われる場合、どうしたらよいか。

出石教授

市長が住民投票を持ちかけるのは珍しい。通常は、ある政策にかんし、議会だけで決定しないで、住民の意思を反映してほしいと、市民から要望がでるのですが、、、

男性

ここの場合は、市長がやりたい様子。

出石教授

その政策に大多数の市民が反対している場合は、リコールのほうがむいているでしょうね。

男性 2

自分が推進してきた事業が、手に負えなくなって、市長が継続か、打ち切りかをとうような場合はどうでしょうか。

出石教授

その場合に、市民の意思を問うというのは、乱暴な話ですね。

以上 質疑応答が充実していた。

じゃ、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奈美悦子の「生きてるってすばらしい」

奈美悦子の講演会に参加した。

主菜は銚子商工会議所。会場は、当然、商工会館一階の大ホールだったが、驚いたことに、立ち見もでるほど、ぎっしりの超満員。

それでは、早速、奈美さんの講演に入るね。

みなさん、奈美悦子です。1950年生まれですから、この会場にも同年の方がいらっしゃると思いますが、どうですか?

(黄金名は1951年生まれ、残念ながら手をあげることはできなかった)

私はいいとこのお嬢様ですから、13歳のとき、西野バレエ団に入団しました。

1,500人の応募者から、たった一人、選ばれたわけです。なにしろ、美人ですから。

1971年に西野バレエ団を退団し、女優として再出発しました。

最初は、いつも主役、ヒロインなんですが、そのうちに、そういう役はこなくなり、「犯人」の役ばかり。もう何人ぐらい人を殺しましたかね。

しばらくすると、今度はバラエティ番組が増えます。あれって、台本がない場合もありますから、あまりしゃべりすぎると、先輩の女優さんから「ちょっと、あんたでしゃばりすぎだ」と、叱られたりします。

また、旅番組にでると、

「いいところへ行って、美味しいものたべて、ギャラがもらえて、いいですね」

と、言われますが、実態は朝食を紹介した15分後に、今度は夕食の撮影があったりして、もう大変です。

とはいうものの、この芸能界でなんとか、生き延びてきましたが、10年ほど前に、背中がズキンときまして、それから、難病との戦いが始まりました。

全国、50以上の病院をまわりましたが、治療法はみつかりません。痛みがくると、モルヒネでごまかすという生活でした。

「そうだ、この病気は遺伝ではなく、何かの原因があって生じたわけだから、治らないわけはない」

と、思い、徹底した食事療法をはじめました。

外国の栄養学者が、あらゆる時代と国の食生活を調べた結果、江戸中期以前の日本食がもっとも、栄養学的に優れているということがわかりました。

なぜ、江戸中期以前かというと、その時分から「精米」の技術が発達してきたからです。

お米は優れた食品ですが、あくまで、米全部をたべて効用があるわけです。白米は主な栄養分を取り除いて、糖分だけをとるわけですから、体にいいわけはない。

ですから、稗、などの雑穀をそのまま食べることによって、十分な栄養が取ることができます。

それと、肉はほどんど食べません。タンパク質は魚からとっています。90%が魚です。

それも、サバやイワシなど安い青魚から。肉は鶏肉。それも胸肉は羽を動かす機能がありますから、脂身が少ない。お勧めです。また、豚肉もビタミンが豊富ですから、いいと思います。

それでも、魚が90、肉は10の割合です。

それで、摂取カロリーの65%は穀物から、25%が野菜。残りの15%が魚や肉からとることがいいようですよ。これは、人間の歯の構成がそうなっているのでそれに合わせているわけです。

また、人間には油が必要ですが、オメガ3がいいです。それと、オリーブ・オイル。

脂が足りないと、皮膚がかさかさになってきますからね。

そうこうしているうちに、痛みがなくなってきました。でも、今でも月に一度、注射を打ってもらってます。(何の注射かは覚えていない)

この難病は、治らないと言われていますが、それでも、生きていることはすばらしいです。

ありがとうございました。

以上、超要約です。

奈美悦子さんの語り口は聞きやすく、適度なユーモアもあり、1時間をこえる講演だったにもかかわらず、聴衆の集中力が持続していたことは、見事だと思う。

じゃ、次回は月曜日に。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

加賀谷健参議院議員政策秘書 中沢健氏

それでは、引き続き、連合千葉 東総香取地域協議会「新春のつどい」より、祝辞を紹介したい。今日は、タイトル通り、中沢さん。

中沢さんは、黄金名が民主党の公募に合格したとき、千葉県第10区の総支部長であり、黄金名に銚子から県議選で立候補することを、勧めてくれた方。

その後、紆余曲折をへて、現在は加賀谷健参議院議員の政策秘書をつとめている。

では演説を紹介。

民主党には、いろいろ批判もあるが、成果をあげていることも理解してもらいたい。たとえば、私立高校の授業料の支援が、昨年、10月より始まっているが、これにより、高校の中途退学が大幅に減少している。

また、昨年の震災で被害をうけた銚子マリーナにたいして、復興支援の予算をつけさせていただいている。

政権与党として、努力すべきはしている面もあるので、ご理解いただいきたい。

以上、例によって超要約。

明日は、昨日、銚子商工会議所でおこなわれた、奈美悦子氏の講演会について、レポートします。

じゃ、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コメントへの回答

小西ひろゆき参議院議員と黄金名の会話で、小西議員が黄金名を「鎌倉先生」と呼んでいることについて、ある方から批判的なコメントをいただいた。

ありがとございます。

正直にいって、「鎌倉さん」と書こうかなと迷ったんだ。だけど、できるだけ事実に忠実なほうが優先だろう、、、、と判断してありのままにした。

民主党国会議員の秘書の皆さんは、黄金名を「先生」と、呼ぶことが多い。

一度、「それはおかしいから止めてください。まだ、議員になったわけじゃないし」と、言ったら同席していた、千葉市の市議会議員が、

「いや、鎌倉さんは、先生してるんだから、いいんじゃない」

と、言って全員で爆笑した。

例えば、加賀谷健参議院議員は、黄金名を「金ちゃん」と呼ぶ。

谷田川議員は「鎌倉さん」だ。

小西議員は、黄金名が年長者であることの敬意を表現するために、「先生」と呼んでいると思う。

そうだね。「先生」が名実ともにふさわしい呼称となるよう、努力してまいります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小西ひろゆき参議院議員の挨拶

では、続いて小西ひろゆき民主党参議院議員の挨拶を紹介したい。

小西議員と黄金名は、2010年に奥野総一郎衆議院議員の新年会でお目にかかった。

それから、夏の参議院選挙となり、確か、佐倉駅で2度目の対面。

前回が、新年会だから、約半年ぶりの再会なので、黄金名のことは忘れているだろうな、、、

と、思っていたら、覚えていた。

「半年ぶりなのに、良く覚えてますね」

「いや、鎌倉先生のブログを拝見してますから」

とのことだった。

さて、スピーチ。

参議院議員の議席をいただいてから、復興特区の仕事を担当させていただいております。そして、、野田総理大臣の演説や答弁にたいして、野党の議員から、誹謗中傷的な野次が飛びます。たとえば、野田総理が演説中に、「野田、死ね」などと罵声が浴びせられます。私は最前列にすわり、野党がわの野次に対し、与党としての野次をやりかえし、少しでも総理のガードができればと願っています。

といいますのも、野田総理も人間ですから、つい、かっとして口を滑らすこともあるかもしれない。野党はそれを狙ってヤジ攻勢をするわけすから、大人しくもしていられません。こういうあたりも、国会の攻防になるわけで、新人議員の役目かなと、思っています。

以上が小西ひろゆき議員の挨拶。

例によって、超要約です。

小西議員は決して流麗ではないが、心を温かくするような、誠意を感じる語り口です。

これは、明日の分。

じゃ、

| | コメント (2) | トラックバック (0)

谷田川元衆議院議員の挨拶

それでは、昨日に引き続き、連合千葉 東総・香取地域協議会の「新春のつどい」から、谷田川衆議院議員のスピーチを紹介したい。

昨年の震災というと、東北3県の被害が甚大だったわけだが、千葉県もかなりの被害があったことは事実です。

特に香取市において、液状化の影響があり、多くの家屋に損害があった。

地震による建物の倒壊に対して、補償する制度があるにもかかわらず、液状化の被害に関しては、そういう法律がなかったので、液状化よる損害を補償する法律をつくった。

これにより、最高300万円を支給できることになり、香取市でも千件以上の家庭が、対象となっている。

現在、我が国は、震災による被害と不景気により、国民生活が苦しい状況だ。民主党は国会議員もその痛みを分かち合うため、定数削減など、身を切ることも進める決意だ。

以上、超要約だが、谷田川議員の挨拶。

明日は小西ひろゆき議員を紹介します。

じゃ、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

連合千葉 東総香取地域協議会 新春の集い

昨日、1月22日に連合千葉 東総香取地域協議会の「新春の集い」が開催され、黄金名も招待された。黄金名は民主党千葉県第10区の幹事ではあるが、議員ではない。にも、かかわらず、声をかけてくれる地協の役員の皆様には、心から感謝しています。

そして、民主党から、谷田川衆議院議員、小西参議院議員、加賀谷参議院議員秘書中沢氏が招待され、出席した。

さて、今日は連合千葉 杉山賢治副会長のスピーチを紹介したい。

杉山副会長と黄金名は、2007年の参議院議員選挙で、共に候補者加賀谷健氏を応援し、一緒に牛丼などを食べた仲。

杉山副会長

現在、非正規雇用者が40%に達している。これによる所得の低減、それに伴う購買力の減少が、目下の不景気の原因だと考える。

連合は、自分が勤める企業に待遇改善などの要求だけに、運動を集中するべきだ、という意見もあるが、やはり、企業との交渉だけでは限界は明らかで、政治の重要性を無視できないと思う。

これまで、民主党を応援して政権党になっていただいた。まだ、まだ物足りない点もあるが、長い目で見守っていきたい。

以上、超要約。

黄金名は、非正規雇用者の増加は、重要な問題だと考える。なぜなら、これにより、年収200万以下の勤労者が増え、子育てはおろか、結婚自体できない若者が多くなっているから。

コンビニストア、スーパー、そしてファーストフードのお店に行くと、若い女の子が「いらっしゃいませ」と、笑顔で迎えてくれる。しかし、彼女たちは、もしかするとボーナスを貰ったことがないのかもしれないし、厚生年金に入っていないのかもしれない。

杉山副会長の言葉は、真実だと思う。

明日は谷田川議員のスピーチを紹介します。

じゃ、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.1.18 市政報告会 3

では、引き続き、市政報告会の状況を、、、、

男性 

再生機構の田中肇さんは給料の二重取りをしているのではないか?また、野平市長とはどんな関係か?

市長

田中さんは、再生機構の副理事長であり、東京事務所の本部長だ。したがって、それぞれの給料を払うことについて、何の問題もない。

また、田中さんとは再生機構の前の準備機構からの付き合い。

なにか、不都合な点でも?

黄金名の視点

その男性は、それ以上、突っ込まなかったが、これは問題発言だ。

なぜなら、同一法人において、給料を二人分支払うなど、ありえないから。

たとえば、ある組織で、A氏が専務職だったとして、営業本部長を兼任していたとして、専務の給料と本部長の給料を二重取りすることは、絶対にないだろう。

あるとすれば、専務としての、給料に本部長の役職手当を加算する方法だろう。

そして、再生機構は赤字。

かかる状況で、二人分の給料を支払うことに、疑問を持たない人物は無能、不適格者、あるいは背任者と言われても、仕方ないだろう。

次回は月曜日に、、、、

じゃ、

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012,1,18 市政報告会 2

野平市長(以下市長)

12月で病院関連補正予算が否決されたが、病院の経費は「義務的経費」に含まれるので、議会で拒否されても、市長の権限で予算を実行できる仕組みがある。実は、議員も、病院がつぶれたら困るので、自分たちが否決しても、本音では市長権限で、予算を施行して欲しいと思っている。ただ、地元新聞の専務さんだけは、病院がつぶしと言われても、構わないと発言しているが、、、、、

男性 2 60代

病院関連予算が義務的経費かどうかは、疑問がある。病院をつぶすとか、存続させるとかいう話でなく、もっと実のある議論をしてもらいたい。

市長

議論をした結果が、賛成9、反対11の否決。これが、8:12、7:13、6:14になるようなら、議会ではなく市民と相談したい。その為の仕組みを検討中だし、勉強会を企画しているので、参加してもらいたい。

ここで、黄金名は挙手して、2回目のマイクを握らせてもらった。発言は一人一回がげんぞくなので、司会者には、感謝している。

黄金名

市長は「議会が否決した」と、発言するが、それは正しくない。

9月議会も補正予算の議論があり、賛成した議員の3名が、賛成討論のなかで、

「この補正予算には、納得いかないことも多々あり、反対したい気持ちもあるが、病院の円滑な運営のために賛成します。ただし、資金内容の透明化など、いままで議論されてきたことについて、改善することを条件とします」

と、発言し賛成した事実がある。ところが、3名の議員が要求した改善事項を無視して、再び補正予算案を提出したので、この3名が否決にまわった。

言い換えれば、改善を怠る市長が、議会に予算を否決させたわけです。

市長の発言が公正さを欠いていることを、私は出席している市民の皆様にご理解いただきたく、訴えさせてもらいました。

ここで、会場から拍手が起こった。

市長の反論はなし。。。。。。

じゃ、明日。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012,1,18 市政報告会 Ⅰ

男性 60代

議場でガムを噛んで議長に注意されるようでは、市民のリーダーとして恥ずかしいのではないか?

野平市長(以下市長)

ノドが痛かったために、ツバを出すため噛んでいた。それが、なにか悪いんですか?

男性

他にも議場で審議中に髪をとかしたり、なぜ、ああいうことをするのか?

市長

議場で、ガムを噛んだり、髪をとかしてはいけないんですか?私はいいと思うけど。

黄金名

房州教育長にお聞きするが、小・中・高等学校で生徒が、ノドが痛いことを理由にガムを噛んでも差し支えないのか?

房州教育長

学校としては、生徒それぞれの健康を考えて、事前に申し出があれば、許可します。

黄金名

わかりました。やはり、事前に申し出が必要なわけですね。であれば、市長も、あらかじめ議長に、ガムを噛む許可をとるべきだったのではないか?

市長

しかし、ガムを噛むことがそんなに悪いことですかね。

黄金名

仮に、野田総理が国会審議中にガムを噛んでいたら、翌日の新聞がどういう報道をするか、考えれば、市長の行動が常識はずれと言われても仕方ないだろう。

ここで、次の質問者に交代。

じゃ、続きは明日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日は市政報告会

明日は市政報告会だ。

12月議会で、市立病院関連補正予算が否決された後だけに、どういう質問が市民からでるか、期待している。

それと、議場でガムを噛んだ、という市長の姿勢に憤りをかんじている市民も多い。この件に関して、質問はでるのだろうか?

もし、出たとすると、市長は「喉が痛かったので」という答弁を繰り返すのだろうか?

黄金名が、上野町でチラシ配りをしていたところ、ある男性から、

「いつも、市政報告会で市長とあなたのやりとりを聞いています。応援してますから、今後も頑張ってください」

と、励まされたことがある。

夜7時といえば、一日の仕事がおわって、お酒を楽しんだり、好みのテレビ番組を見たり、と、くつろぎの時間である。その時刻に「まなびの城」で報告会に参加する市民がいるということは、銚子市民の見識の高さを証明していると思う。

明日、楽しみだ。

じゃ、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブータン写真展

清川町にある「赤毛のアン」

なんと、赤毛のアンの舞台である、「緑の切り妻屋根」(グリーン・ゲイブルズ)の手前にある「カメラ博物館」で、正式な名称は忘れたが、「ブータン」の写真展が行われている。

関さん、という光町に在住のかたが、むこうで生活していたときに、取りためておいた写真の展示会だ。

銚子市の堺敬生さんのご縁で、「カメラ博物館」での開催にこぎつけたらしい。

展示されている写真は、心が洗われるような見事なものばかり。

黄金名が特に感激したのは、星空の写真。

それも単に夜空の星を映しただけでなく、カメラを三脚に固定して、シャッターを一時間、開きっぱなしにしたもの。

すると、星はその間に北極星を中心に、移動しているわけだが、その軌跡が映っている。

星の動くさまなど、肉眼では見ようもないわけで、写真の素晴らしさが実感できるし、そのダイナミックさは言葉で表現できない。

それと、子どもたちの写真も数多く展示され、感想ノートにも、子どもの笑顔の素晴らしさをつづったものが、多かった。

しかし、ここは冷静になって欲しい。

子どもの笑顔の素晴らしい国はブータンだけではない。フランス、ベトナム、中国など世界中がそうだろう。

ただ、アフリカの一部の国々のように、飢餓が迫っているところは、もちろん例外だけど。

しかし、展示されている写真はいずれも素晴らしいものばかり。

展示会が明日までだけど、都合のつく人は、足を運んでみては?

あ、それと、カメラ博物館は午後一時からなので、午前中は閉まってる。

じゃ、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

給食センター情報

昨日、ある集会に出席し、話題が給食センターに及んだところ、

「12月に地鎮祭は済んだようだ」

と、いう発言があった。

この話が事実であれば、着工は時間の問題で、始まるだろう。

しかし、この方も地鎮祭をしていることを、目撃したわけではないので、それが事実かどうかは断言できないようだった。

ま、どういう状況かは、教育委員会に問い合わせれば分かることなので、調べて記事にします。

じゃ、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

給食センターが未着工

今日、給食センターの建設地に行ってきた。

なるほど、噂どおり、何も始まっていない。建設予定の看板が立っているだけである。

たしか、6月議会で可決されれば、9月ごろの着工じゃなかったけ?市の広報には12月には着工と載ってたような気がする。

ここは、記憶なので、もし間違っていたらご指摘ください。

それにしても、なぜ、こんなに遅れているのだろうか?

建設地が危険地域なので、県から許可がおりないという話を聞いたことがある。

それが、真実であってほしいと思うのは、黄金名だけではないだろう。

なぜなら、あれだけの震災を体験したあとで、危険地域に公共の建物をたてることが、間違いであるのは、誰の目にも明らかではないか。

まして、これから、昨年以上の大地震がおこる可能性があるという。

もう、少し待って、現状に変化がないなら、状況を探ってみるつもり。

次回は、月曜日。

じゃ、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

楽器演奏は楽しい

やっぱり、ギターを弾くことは、楽しい。

ほぼ、毎日、夕食後、片付けが済んでから、40分程度、練習しているが、本当に楽しい。

ミス・トーンは多いし、人に聞かせられるような代物ではないけど、自分が楽しいから、それでいいと思ってる。

愛器は、メキシコ製のフェンダーテレキャスター。色は赤だ。

東京銀座の山野楽器で定価132千円が69800円になっていたので、即決した。

今では、毎日、弾いてるし、段々と可愛くなってきている。

ベンチャーズの「パイプ・ライン」を練習してるけど、結構、スムーズに演奏できるようになってきた。

やっぱり、中学、高校のころに身につけた技術は、体にしみこんでいるみたい。

これから、もう数曲、ベンチャーズをこなしたら、次はビートルズに挑戦しようかな。

で、なにがいいかなと、ビートルズを全曲きいてみて、「ハニ・ドント」にしようかなと思ってる。

超地味な曲だけど、ロックの基本に忠実なギターがいいし、歌もなんとか、歌えそう。

うん、これは楽しみだ。

それにしても、物事は最初が肝心だな。

中学2年生で始めたギターだけど、最初は完全な自己流。これって、後でなおすの大変なんだよね。

たとえば、「朝日のあたる家」のような、アルペシオは、低音弦から高音弦へ弾く時はダウンピッキングだけど、その逆はアップでなければならない。

ところが、黄金名は最初にすべてダウンで弾く癖をつけてしまったので、これは良くない。

ま、気長にやっていきます。

それと、ギターを弾いてるときは、他のことは忘れられる。これが、精神のやすらぎになるんだよね。面白い映画や野球の試合を見てるときは、自分のことは忘れてるでしょ。すると、なにかスカッとするじゃない?

あと、料理とか、、、、

好きな女性とおしゃべりしてる時とか、、、、、

じゃ、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

糖尿病の現状

結論は、現在ヘモグロビンが6.8である。

昨年、8月の入院前が11.4だったことわけで、随分下がったものだ。

5.8以下が健康。8以上は入院。10以上は重症だそうだから、黄金名は、かなりひどい状況だったわけだ。

ちなみに、血糖値が200を超えなくなってきた。前回が12月31日だから、もう10日以上になる。以前は5日おきに、200を出してたからな。

血糖値は、直前に何を食べたかによって、かんたんに上下するので、一喜一憂するのは、良くないそう。

そして、運動は、やはり、効果があるようだ。

新年から、チラシ配りをはじめたので、その効果があると思う。

最近、いろいろなところで、政治家として期待してるけど、その前に病気を治して、、、と励まされる、、、、ありがたいことだ。

じゃ、

| | コメント (1) | トラックバック (0)

学歴の価値

銚子では東大と高級官僚の評判が、ひどく悪い。

なんでも、ある方の人を見下す尊大な姿勢が原因

ただ、ちょっと待ってほしい。

例えば。、楽天の田中投手は逸材であるが、甲子園で田中と勝負して敗れた、つまり準優勝の投手が、たしか、軽犯罪をして捕まったという記事を、ネットで読んだ。

同じ優勝を争った同士でも、これだけの違いがあるのだから、ものごとはそう簡単に決めつけられるない。

したがって、ある方が感じが悪いからと言って、その大学の卒業生全員が同様だとはならない。

それに、学歴を自慢すること自体が、恥ずかしいことだ。なぜ、そんなことで威張りたいか、黄金名にはわからない。

では、学歴の価値とはなんだろうか?

一つは、ある高校生が、目標をもって努力しつづけ、成功したことの証しではないだろうか?

しかし、それは、スポーツでも、芸術などの分野でも同じことだと思う。

だから、良く聞くのは、高校でスポーツが得意だった生徒は、いい会社へ道が開けるそうじゃないか。

では、学歴の真の価値とはなんだろう?

それは、勉強する姿勢が身に付くことだろうな。したがって、大学の延長線上に、公認会計士や、司法試験に挑戦したい人は、難関大学に進むことは価値があるよ。

その証拠に、司法試験の合格者は、東大、京大、慶大、早大、中央大が常にベスト5だもの。

ただ、勉強は、しょせん知識の集積のことだ。それを極めたって、幸せになれる保証はない。

たとえば、甲子園に出場した球児は、全員、成功し、幸福な人生を送っているのかな?

学歴でも、スポーツでも音楽の大会なども、すべて、それは人生の通過点で、その事を終生、自慢する方が見苦しいのは明らかだ。

さりとて、変に謙遜するのも、おかしい。

結論は、学歴はどうであれ、普通にしていればいいんじゃないかな?

じゃ、

| | コメント (1) | トラックバック (0)

年賀状

皆さん、あけまして おめでとう ございます。

明日からのスタート予定だったけど、朝が早いので、今、投稿だ。

黄金名にも、年賀状は来る。

そんなに、枚数はおおくないけど、事務的なものは少なく、自筆でのメッセージが、ありがたい。

中には、周到にデザインして、見事な出来栄えの作品もある。

そう、年賀状というより、作品だ。

日本人は、ほとんどの方がお年玉ハガキを利用する。これは、欧米人からすると、奇異に映るらしい。なぜなら、彼らは自分が気に入ったカードを購入して、メッセージをいれる。

しかし、日本人は、定形のハガキに秘術をつくして、自分を表現している。

黄金名がもらった中に、素晴らしいものがあり、このまま仕舞っちゃうのも、もったいないので、額に入れて、飾ってみたら、その方の思いが伝わり、嬉しい気持ち。

やっぱり、これは、いい習慣だと実感する。

元旦に、年賀状を待つ気持ちは、何とも言えない。

仮に、それが、印刷だけのものでも、つまり、個人的なメッセージがなくても、黄金名はありがとうという気持ちだ。

だって、その方の名簿に載せてもらっている、つまり、存在を認められているわけだから。

反面、心配なことがある。

それは、若い世代、つまり、中学生、高校生、大学生などは、ほとんど年賀状ゼロなのだ。

「だって、メイルしてるから」

と、彼らは言うが、メイルは作品にはなりえないだろう。

こう、日本の良さがどんどん失われていることは、間違いない。

反面、欧米のいいところを取り入れているわけでもないし、、、、、

この辺の状況は、深刻だと思う。

とはいえ、黄金名がいただいた年賀状。これからしばらくは、目をなごませてくれるな。

じゃ、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »